お試しラッピング

私の愛車。
     

   
BMW R1200GS Adventure 。通称「あどべんちゃん」。
私のは2012年式。いわゆる「空油冷DOHC」の最終モデル。これのすぐ後に、水冷式の現行型エンジンを搭載した新型が発売されました。
   
バイク自体には何の不満も無いんですが、最近、ブロ友でありキャンプ友達でもある茨城のwonder boyさんのブログに影響を受けて、やってみたいことがひとつ。
wonderboyさんのブログはコチラ
   
ボディーの「ラッピング」。
全体的に見た時に、どうも
   

  
このタンク横の部分だけシルバーなのが気になってたんです(^_^;)
でも、ここには愛する蒼海兄貴が作ってくれた「SHUMIDDER」のロゴが、納車当時からずっと貼ってあります。
   
しかしここはひとつ。蒼海兄貴には許してもらって、こいつをラッピングしてみましょう(≧∀≦)
    
てなわけで
   

   
用意したのはカーボン柄のラッピングシール。
30cm × 152cmの大きさで、620円とお安い(^_^;)
   
まずは
   

   
パーツを外してパーツクリーナーでゴシゴシ。
蒼海兄貴との思い出が日焼けの跡のように残ってます(^_^;)
   
脱脂 兼 クリーニングが終わったら
   

   
シールを剥がして貼っていきましょう。
   
本当はヒートガンか、無ければドライヤーで熱しながら貼るといいらしいんだけど、めんどくさいのでそんな物は使いません(笑)
   
要は、スマホの画面に保護シールを貼るときみたいに、空気を抜きながらちょっとずつ貼ればいいんでしょ? ちがう??(^_^;)
    

   
端から空気を抜きながら、気泡ができては何度も剥がして貼って剥がして貼って・・・
   

   
ようやくできました(^_^;)
   
でもやはり、気泡やシワが・・・
ま、今回は練習ってことで(^_^;)
   

   
バイクに付けてみると
   

   
遠目にはなかなかいい感じです♫
全体的に黒で統一され、引き締まった感じがします。
   
うん。こりゃ、なかなかよろしい。
しかし、今回は練習。
   

   
明らかに取り付けを間違えたのと
   

   
こんなシワや気泡も無くしたい(^_^;)
   
なので、後日もう一度、アタックしようと思います。
幸い、ラッピングシールはまだまだ余っているので、ヒートガンを用意してリベンジしようかな・・・?
    
   
ここの反対側には
    

   
wonderboyさんが作ってくれた「宇宙戦艦ヤマト」が貼ってあるので、これをどうするかという問題もあります・・・(^_^;)
   
   
   
なにはともあれ、簡単にバイクのイメチェンができる「ラッピング」。
上手く出来るようになったら、私も色々とチャレンジしてみたいと思います♫
    
   
   
   
   
   
  
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 
スポンサーサイト

クロスカブのカスタム

3月末に納車された
    

   
ホンダ クロスカブ110。
  
あれから2ヶ月ちょっとだけど、まだようやく慣らしを終わったばかり(^_^;)
  
それでも、チョコチョコとカスタムというか手を加えて自分流にアレンジしていってますので、現時点の状況をご報告。
   
まず、定番の「箱」は上の写真の通り、JR貨物のコンテナを模した折りたたみ式のボックスを取り付けました。
   
真っ赤な色が気に入ってこれにしたんですが、全体的に真っ赤っかになっちゃって、郵便屋さんに間違われそう(^_^;)
    
   
次に、ハンドルにスマホホルダーを付けました。
   

   
これも同じく、赤いアルミ製の自転車用スマホホルダーをチョイス。
取り付け位置の関係でそのまんまハンドルに付けることができなかったので、同じ色の「エクステンションバー」なるものを追加して付けました。
どちらも赤いアルミ製で、ちょっと高級感があって気に入ってます♫
   
スマホをナビ代わりにして長い時間走るなら、電源の確保は必須。
今回は簡単に、バッテリーから直接接続するデイトナのバイク専用電源を取り付けました。
   

   
赤い丸を付けたのがそれなんですが、何故か2口タイプを選んだため、同じのが右側のハンドルにも付いてます(^_^;)
  
一方でスマホを充電しながら、もう一方でモバイルバッテリーとかを充電すれば、キャンプの時とか便利かなと。
「バイク専用」というだけあって、USBの差込口にはちゃんとカバーがあるため、少々の雨なら大丈夫みたいです。
   
   
駐車する時に使うロックや、雨具なんかを常備しておくために
   

   
こんな「ドラムバッグ」を取り付けました。
合成皮革製ですが一応は防水らしく、こちらも少々の雨なら大丈夫みたいです。
なにより、デザイン的にアルプスの救助犬が付けてる樽みたいで可愛いかなと(^_^;)
   
上の写真で写ってますが、車体横のデカールも貼り替えました。
   

   
右側はいつものハンドルネーム(^_^;)
シルバーとブラックをずらして重ねて、やや立体的に見えるように作りました。
    

   
左側も同じではつまらないので、こんなのにしました。これは、車体横に書いてある
   

   
これをそのまま写しただけ(^_^;)
ま、いかにも私のバイクって感じでいいかな?(^_^;)
    
   
カスタムと呼べるのはこれくらいなんですが、もう一つ、ぜひご紹介したい事が!
   
初代のクロスカブには無かった、2人乗り用のタンデムステップが、新型クロスカブからは標準装備されています。
しかし、残念ながら
   

   
後席はただの荷台のため、後ろに座るのはお尻の痛みとの闘いになりそう(^_^;)
   
そんな悩みを解消するために、後席用の座席、いわゆる「ピリオンシート」と呼ばれるパーツが販売されています。
   

   
いつもは使わないけど、タンデムする時だけ欲しいピリオンシート。これを買って普段は部屋に転がしておくのはもったいない・・・
   
そんな理由でこいつは買わずに我慢してました。
   
   
でも、こんな感じのクッションというか座布団というか、そんなのをどこかで見た覚えが・・・
   
   
あ。
   
   

   
これだ!
   
あどべんちゃんのリアシート!
    

   
こいつを取り外すと
   

   
ちょうどいいくらいの大きさじゃね??
  
でも、
     

   
アドベンチャーにはめ込むための突起が計5カ所も出てるなぁ・・・
   
まぁ、物は試しというから、一応、クロスカブに載せてみよう。
   
  
はい。 
   
  

  
ミラクルフィット!!(≧∀≦)
  
アドベンチャー用の5カ所の突起は、クロスカブのリアキャリアの形状とぴったり!
上に置いただけで、前後左右どこにも動かない(笑)
   
大きさ的にも
   

   
「これ用に作ったんじゃね??」ってくらい、ちょうどいい(笑)
むしろ、前席よりも乗り心地は良さそう(^_^;)
   
でも、さすがに上にポンと置いただけでは落ちちゃうので
   

   
いつもはロックストラップで固定しておけば大丈夫。
    
   
   
そんなわけで、BMWとホンダのまさかのコラボレーションのおかげで、めったに使わないけどなんとなく欲しかったピリオンシートを買わなくてよくなりました(笑)
    
   
私と同じように、アドベンチャーとクロスカブの両方をお持ちの方々は、ぜひ一度お試しください(笑)
   
   
  
  
  
  
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

HONDA クロスカブ110(JA45)

すっかり娘さんの通学用となった
   

   
HONDA スーパーカブ110(JA07)。
こんな風に荷物を満載してキャンプに出ることもままならない・・・
   
   
などと言い訳をしながら
    

   
買っちゃいました(^_^;)
HONDA クロスカブ110(JA45)。
   
ご覧のように、カラーは往年の名車
   

   
ハンターカブを彷彿させる「マグナレッド 」をチョイス。
(写真は蒼海さんのハンター。カッコいい!!)
   
  

   
当たり前だけど、まだ納車されたばかりなのでピカピカ(笑)
   

   
メーター部にはこっそりと(?)迷彩柄が。
   

   
LED化されたヘッドライトは上下でハイ&ローに分かれたタイプ。色は真っ白。
   

   
タンデム用の可倒式ステップは先代のクロスカブには無かったらしい。
   

   
ピッカピカのマフラーカバーが付いたストレートタイプのマフラー。エンジン音は当たり前だけどスーパーカブそのもので静か。
    

   
ヘッドライトガードの上にはちょっとした荷物なら積めそうなスペース。雨具なんかを載せとくのにちょうどいいかも。
   

   
リアのキャリアはかなりの大型。大抵の荷物は載りそう。でも、タンデムする時は座布団がないとケツが死にそう(^_^;)
   

   
タイヤはこんなの。前後共17インチで悪路踏破性を高めたとかなんとか。
   

   
シートは手で跳ね上げるタイプ。特に鍵などはなく、簡単に持ち上がる。
   

   
シート下には燃料タンクと給油口。ど真ん中に「Super Cub」って書いてあるのは、部品を共用してるからかな??
「Cross Cub」になってないのは設計ミスか?(笑)
    

   
左ハンドルにはハイ&ロー切り替えスイッチ、ホーンスイッチ、プッシュキャンセル式ウインカースイッチ。
   

   
右ハンドルにはセルスタートスイッチのみとシンプル。
   
   
   
一通り見たところで、早速ちょっといじってみましょう(笑)
   
まずは、通勤にもキャンプにも必需品といえる「箱」を付けましょう(笑)
カブにはホームセンターで売ってるプラスチック製の箱を載せるのが定番だけど、今回は
   

   
こんな箱を準備しました。
決め手はもちろん、「色」(笑)
でも、実際に載せてみると・・・
   

   
おもいっきり郵便屋さん!!(笑)
   
さすがにこれは・・・ちょっと・・・
   
あ、箱を横向きに載せてみたらどうだろう??
   
   

   
うん。
見事に郵便屋度アップ・・・(^_^;)
   
まぁ、これはこれで良しとしよう。
普段は
   

   
こんな風に畳めるから、これなら
   

   
まだマシかな??(^_^;)
   
   
   
肝心の乗ってみてのインプレは、なんせまだ10kmしか走ってないので後日ってことで(^_^;)
  
まだ慣らしすら終わってない状態で、ギアも入りにくいしマックスパワーも出せないからね(^_^;)
   
   
   
   
そんなこんなで我が家にやってきた新型クロスカブ。
ゴールデンウィークはこいつでキャンプにでも行くか?!
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

北の国から 2017 夏  ~そして故郷へ~

富良野の「星人の宿」で満天の星空を堪能し、ゆっくりと眠った翌日。
   

   
地元・富良野で採れた新鮮な野菜たっぷりの朝食から1日は始まります。
   

      
「今日も暑くなりそうだなぁ」なんて思いながら
      

   
あま~いスイカまでいただいて、お腹いっぱい(^ ^)
この日は星人の宿に連泊するので、身軽な状態でバイクにまたがり出発!
      
今回の北海道ツーリングの「裏テーマ」は「ダート走行」(笑)
面白そうな道を見つけたら、勇気を出して突っ込んでみよう!!
  
そんな勢いで突っ込んで、開陽台ではヒドイ目に会ったんだけどね(^_^;)
   
しかし。
   
この日のアドベンチャーは空荷!
パニアケースにもリアシートにも、何にも載ってない!
   
・・・
   
まぁ、一番の重量物は運転してるんだけどね(^_^;)
   
なので、少々のケモノ道ならいつもより勇気を出して突っ込もう! 
   
てなわけで
   
   

   
こんな道にも、果敢に突っ込んで行きました!
   
・・・
   
約300m進んだところで畑にぶち当たり行き止まり。Uターンできるスペースもなく・・・空荷とは言え乾燥重量270kgのアドベンチャーを汗だくになって押しながら戻りましたよ・・・orz
   
写真??
  
あるか~い!!( *`ω´)
   
   
気を取り直して。
この日はのんびりと富良野の街を散策しましょう♫
   

   
富良野と言えば「北の国から」。
学生の頃、倉本聰原作のこのドラマに感動して、卒論のテーマも「倉本聰論」にした私。
富良野に来たからには、ドラマゆかりの場所を巡りましょう♫
   

   
「石の家」。
確かドラマでは、丸太でできたログハウスが火事で全焼しちゃって、二度と燃えないように畑から出る石を積み上げてコツコツと作ったとか・・・
   
実際に見てみるとかなり立派で、石造りのお風呂なんかもあっていい感じ(^ ^)
でも、真冬はキンキンに冷えるんじゃないかな(^_^;)
   

   
「麓郷の森」は鬱蒼としたブナ(?)に囲まれた静かな森。ここで
   

   
ちょっと休憩(^_^;)
   
この日の富良野も35度を超える異常な暑さ・・・
水分をこまめに補給しながら行かないとね(^_^;)
   
そんなこんなで時刻はお昼に近づいてきました。
富良野でランチと言えば
   

   
唯我独尊の
   

   
カレー!  暑い日に汗をかきながら食べるカレーはまた格別。
ふと、壁を見ると4年前にはなかった
   

   
こんな貼り紙が。
英語のみならず、「北の国から」にも精通している私は、厨房の奥にいた店員さんを呼び寄せる時に言うもんだと勘違いして、お店の奥に向かって「ル~ルルル、ル~ルルル・・・」と言ってたら、店員さんに爆笑されました・・・
  
他の人をみると、カレールーの追加をお願いした時に「合言葉は?」って聞かれてから答えてました・・・
   
   
気を取り直して。 
   
お腹がふくれたら欲しくなるのが食後のコーヒー。
富良野でコーヒーと言えば・・・
   

   
ここ。
富良野プリンスホテルの前にあるこの森の中。
   

   
ウッドチップが敷き詰められた森の中の小径を歩いて行くと
   

   
見えてきました。
   

   
倉本聰脚本のドラマ「優しい時間」で、嵐の二宮和也の父親役であった寺尾聰がマスターをつとめていた「森の時計」。
   

   
カウンターに座って
   

   
自分で豆を挽いてコーヒーを飲むのがここのやり方。
   

   
美味しいロールケーキと一緒にいただきました(^ ^)
   
   
この辺りで時刻は午後3時を回った頃。
夕食にはまだ時間があるので、麓郷の町をあてもなくフラフラ。
   

   
こんなお店を見つけて自宅にメロンを送り
   

   
富良野で有名な「星に手の届く丘キャンプ場」を視察(笑)
   
そんな感じでのんびりと散策を楽しんで、星人の宿に帰ってくると彼がお迎えに来てくれました(^ ^)
   
4年前に星人の宿にお世話になった時にいたヤギはその後亡くなったらしく、こいつは二代目。
名前は聞かなかったので、勝手に「ジンギスカン 二世」と名付けました(笑)
   
この日はなんだか疲れてたのか、ご飯の後は星も見ずに寝てしまいました(^_^;)
      
明けて翌朝。
   

   
美味しい朝ごはんをいただいたら、お世話になったみなさんにお礼を言って出発!
   
この日は北海道ツーリング最終日。
富良野を出発して向かったのは
   

   
山田洋次監督の名作「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地。
   

   
映画の世界観そのままの街並み。
   

   
高倉健、武田鉄矢、桃井かおりが旅をしたマツダ ファミリア。懐かしい~!
   

   
黄色い付箋がたくさん貼られた屋内。
   

   
1枚1枚に願い事が書かれています。
そんな願いが書かれた黄色い付箋に埋もれるように
   

   
亡くなった健さんの写真が・・・
   
僕ら50代(よりも少し上かな?)には、「憧れの男」と言えば高倉健さんでした。
一番印象に残っているのはこの「幸せの黄色いハンカチ」と「鉄道員」。どちらも無骨で不器用でカッコいい男のお手本を見せてくれました。 
   

  
この手紙を受け取った奥さんは、いつ戻るともわからない夫(高倉健)のために
   

   
たくさんの黄色いハンカチを軒先に・・・
   
これを見ただけで泣けてくる・・・(笑)
   
   
  
そんな名作映画の世界に浸ったらそろそろ出発しましょう。
  
次に向かったのは
   

   
ここ。
    
言わずと知れた
   

   
「水曜どうでしょう」の聖地。
もちろん
   

   
あの公園で記念撮影(笑)
   
   
さてと。
北海道最終日のランチはどうしよう??
ここはひとつ、奮発して
   

   
回転寿司(笑)
いや、ほんと。ハズレがない美味さだね。
   
その後、札幌から1時間ほど走って
     

  
小樽へ。
   
ここらでお約束の
   

    
食後のデザートの時間♫
いただいたのは
   

   
なんだっけ? これ?  イチゴパフェ??
   
夕方まで小樽の街をブラブラしたら
   

   
フェリー乗り場の近くの温泉施設へ。
ここで出航までの間、時間を潰しましょう。
   
ふと気づけば
   

   
ずいぶん焼けたなぁ(^_^;)
   
グローブの跡だけが真っ白・・・
   
   
私のヘルメットはジェット型。
両方のほっぺた部分には「チークパッド」というガードが付いてます。
その結果・・・
   

   
変な日焼けに・・・
   
どこかで見たと思ったら
   

   
ワンピースに出てくるキャラクターでした(^_^;)
   
  
ゆっくりとお風呂に入って、湯上がり処でしばらくゴロゴロしたら
   

   
フェリー乗り場で乗船待ち。
   
帰りの寝床は
   

   
個室でのんびり♫
   
そして北海道ツーリング2017 最終日のディナーは
   

   
コンビニスペシャル(笑)
  
唯一の心残りは、大好きな「すじこ」のおにぎりが無かったこと・・・
   
大きな船に一晩揺られ、自宅に帰ったのは翌日の夜中。
   
   
4年前とは違って、とにかくお天気に恵まれた今回のツーリング。
カヌーや星空など、楽しい思い出いっぱいの、充実した旅になりました(^ ^)
   
   
さて。 
   
今年は北海道に行けるかな?
行くなら秋がいいな(^_^;)
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

北の国から 2017 夏  ~貝殻と星空~

実に30年振りに訪れた
   

   
佐呂間湖畔ユースホステルで1夜を明かし、
   

   
美味しい朝ごはんをいただいたところで、ボチボチと出発!
   
おっと! その前に
   

   
きちんとベッドを片付けないとね。
でも、昔ほど
   

   
シーツはうまく畳めなかった・・・(^_^;)
   
   
昨晩の雨が嘘のようにあがり、この日は朝から良い天気♫  
オホーツク海沿いに北へと向かいます。
   
途中、
   

   
でっかいカニを見たり
   

   
10時のおやつに筋子おにぎりをいただいたり
   

   
真っ青な北の空を目指してのんびりと走ります。
   
やがて
   

   
最北端の地に到着~!
   

   
間宮さんに見守られながら
   

   
記念撮影~(笑)
   
滞在時間はわずか数分で最北端の地を後にし、少し南の宗谷丘陵へと向かいます。
  

   
青空の下に広がる広大なパノラマ。
   

   
赤い屋根と白い花が綺麗。
   
しばらく行くと
   

   
道路まで白くなった。
   

   
よーくみると、これはみんな
   

   
貝殻を細かく砕いたもの。
これが
   

   
ずーっと敷き詰められている。
青と緑と白の美しいコントラストの中をのんびりと走って行くと
   

   
海が見えました(^^)
   
海の向こうに見えるのは利尻島。
   
そしてしばらく走ると
   

   
ノシャップ岬に到着。
対岸の利尻富士が綺麗~!
あまりに綺麗なので
   

   
記念撮影。
  
そんなこんなでそろそろお昼過ぎ。
   

   
これまた日本最北端の温泉施設でひとっ風呂浴びたら、この日の宿営地を目指します。
この日の宿営地は
   

   
豊富町にある兜沼公園キャンプ場。
   

   
湖畔に広がる静かな林間サイトはバイク乗り入れ可。
夏休み前ということで、私の他には誰もいませんでした(^_^;)
   
さてと。
   

   
ボチボチ夕飯の支度に取り掛かろう!
   

   
自然の中で食べるご飯はなんでこんなに美味しいの??
   
キャンプ好きなら誰でも思うこんな疑問を呟きながら、この日も静かに暮れていったのでした~。
   
翌朝は一面の霧の中で目覚めました。
生乾きのテントを畳んだら出発!
この日、最初に向かったのは
   

   
サロベツ原野。
朝早いので、売店とかはまだ開いてない時間帯。
サクッとスルーして
   

   
霧に煙るサロベツ原野を眺めながら南へ向かいます。
   
しばらく行くと
   

   
霧の中にたくさんの風車が見えてきました。
ここは
   

   
オトンルイ風力発電所。
ここからしばらく、快走路として有名な「オロロンライン」を南へ下ります。
   
途中の道の駅
  

   
おびら鰊番屋で休憩。
   

   
平日ということもあって、私以外のお客さんはいませんでした・・・
少し人恋しい・・・(^_^;)
   
道の駅を後にしたら、次は旭川ラーメンを求めてひた走ろう!
向かったのは
   

   
ひまわり。
「モルメン」というのが何なのか、確かめもせずに
   

   
いただいたのはホルモンラーメン。
ひょっとしてこれが「モルメン」なのか??
お味は言うまでもなく絶品!
大変美味しゅうございました。
   
旭川から南に下ると、そこはもう
   

   
富良野!  
   

   
お天気も回復して、一気にカラフルな景色が広がります。
   
この頃の気温は
   

   
35度・・・
   
もう、限界に近いほど熱くなった身体を
   

   
こいつでクールダウン♫
富良野といえば有名な
   

   
サンタのヒゲ!
これだけは北海道に来るたんびに必ずいただきます♫
   
   
   
さて。
   
ここ富良野には懐かしい思い出が・・・
   
   
あれは1995年の冬の出来事だったわけで・・・
   
あの日、僕の恋人のシュウちゃんは
     
  

   
雪の中のこのお店で
   

   
僕宛の手紙を書いていたわけで・・・
   
   
そのお店に
   

   
行ってみました!
ガランとした店内に入り
   

   
あの日、宮沢りえ・・・じゃなかった、シュウちゃんの座っていた席に座って
   

   
思い出のアルバムを見ていました。
ちなみにいただいたのはスイカジュース。
甘さ控えめで、大変大変美味しくて、2杯も飲んでしまいました(笑)
   
シュウちゃんの思い出と美味しいスイカジュースで、すっかりのんびりしていたら、暇を持て余していたであろうお店の女の人が話しかけてくれました。
  
昨日からほとんど誰とも口をきいていなくて人恋しかったこともあり、ついつい話に花が咲いて・・・
   

   
こんなのをいただいてしまいました(^^)
これ、なんだかわかる??
これは
   

   
こんな形をしたハスカップという果物。
私も初めていただいたんですが、甘酸っぱくて美味しかった!  これをお店のお姉さんと二人でつまみながら、まるであの日のシュウちゃんとのように恋人気分に浸りました(笑)
   

   
ちなみにその間、一人もお客さんは来ませんでした(^_^;)
   
シュウちゃんに別れを告げ夕方近くになってゆるゆると出発。
ここから本日の宿まではもうすぐ。
   

   
麓郷街道から3kmほどのダートを入ったところにある
   

   
「星人の宿 ペンション和田」が今夜の宿。
ここには5年前にもお世話になって、すっかり気に入ってしまいました。
   

   
綺麗なツインルームを一人で使わせていただきます。
   

   
トイレ、お風呂、洗面所は共同。
   

   
談話室とかもあって、グループで泊まるのも楽しそうです♫
   

   
夕食にはビールもいただき
   

   
すっかり上機嫌♫
   
夕食を終えたあたりから
   

   
西の空に夕陽が沈み、「星人の宿」にふさわしい綺麗な星空が広がってきます。
  
今回はこの星空を堪能したいという目的もあって
   

   
カメラに虫除けにランタンを準備!
さらに
   

   
iPhoneのアプリで星座表までダウンロードして、夏の夜空をたっぷり3時間以上も楽しみました(^^)
   
写真の方はイマイチで
    

   
頑張ってこんな程度(^_^;)
一応、真ん中の明るいのは木星らしいです(^_^;)
   
ここで生まれて初めて、人工衛星を肉眼で見つけました!  星と同じくらいの光点が一定の速度でゆっくりと夜空を横切っていくのを見つけ、先ほどのアプリで調べたところISS(国際宇宙ステーション)であることが判明! これには感動しました(^^)
  
困ったのは、夜空を縦横無尽に飛び回るホタル(^_^;)
「あっ!流れ星!・・・じゃなかった・・・」って感じで何回も騙されました(笑)
    
そんなこんなで富良野の静かな夜をたっぷりと堪能して、その日はぐっすりと眠ったのでした~
   
 
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ