FC2ブログ

カヤノ平 弾丸慣らしツーリング ~緊急帰国~

長い間キャンプを趣味にしてきましたが、そんな私でも初体験というくらい、もの凄い雷雨に見舞われたカヤノ平キャンプ場。
    
長い間夜が明けて
   

   
朝もやに包まれた朝が始まります。
   

   
牧場に隣接するカヤノ平キャンプ。朝の早くから
   

  
牛のみなさんもご出勤。
   
昨夜の豪雨もなんとか止んで、夜中には
   

   
星空も見えてました。
   
天気予報では、この日は昼過ぎまで良いお天気。でもその後は明後日の午前中までずっと雨・・・
   
さて。どうするか・・・
    
   
考えること数分。
結局、この日の午前中にテントを乾かしたら、雨が降り出す前に撤収することになりました(^_^;)
  
夜のハイウェイを徹夜で走ってたどり着いたのに、現地1泊で帰るというのも残念な気もするけど・・・
この機を逃すと明後日までずっと雨・・・。
何もできずにテントから雨を眺めるには長すぎる(^_^;)
   
   
てなわけで
   

   
蒼海さんに作っていただいたホットサンドをいただいて、出発までのひと時をまったり。
   

   
気温もぐんぐんと上がってきて、下界は今日も暑そう(^_^;)
   

   
カヤノ平は初めて来ましたが、広大な緑の広がる気持ちのいいキャンプ場でした。
   

   
ただ、トイレはこのセンター棟にしかないので、早め早めに行動しないと大変なことになります(^_^;)
   
   
ゆるゆると撤収を進め
   

   
一通り片付いたところで出発!
   
涼しいカヤノ平を後にして、クネクネの山道をゆっくりと下って行きます。
  
1時間ほど走って到着したのは
  

   
どうしても食べたかった、信州そばのお店。
   

   
山の中にある一軒家は11時開店だったけど、早めに到着した我々を見て店内で待たせてくれました。
   

   
ルパンも木陰で涼しそう(^ ^)
   

   
いただいたのは
   

   
手打ち十割蕎麦の大盛り!
いつも行く三田の「山獲」の十割蕎麦とはまた違った、モチモチと弾力のあるお蕎麦でした(^ ^)
   
   
今回は少ししかご一緒できなかったけど、あの嵐の夜を乗り越えて、より愛を深めた蒼海さんともここでお別れ。
   
「あなたのことは忘れないわ・・・」
   
後ろ髪を引かれる思いで蒼海さんとお別れしました・・・
   
   
まぁ、引かれる「後ろ髪」は無いんだけどね(・ω・)
    
   
そこからはルパンと二人でひたすら西を目指します。
行きは真っ暗で何も見えなかったけど、やっぱり夏の信州はどこを見ても綺麗な景色が広がってます(^ ^)
   
気温もそれほど上がらずに、気持ちよく高速道路を走って
   

   
いつもの恵那峡サービスエリアで休憩。
楽しみにしていた冷たいキュウリが売ってなくて、仕方なく
   

   
肉巻きおにぎりで小腹を満たしたら、雨が降り出す前に出発!
   
ここから自宅までは2時間ちょっと。
「なんとか降られずに行けるかな?」と、安心したのが間違い(^_^;)
   
名神から京滋バイパスに入ろうとしたところで「故障車 渋滞16km」の表示・・・
しかたなく、そのまま名神を進んで、大津から京都南を経て帰ることにしたんだけど、これが大失敗。
   
大津インター手前から、昨夜の雨を彷彿させるほどの豪雨!  わずか5m前が見えないほど(^_^;)
そんな中、始まる渋滞。
渋滞表示なんてなかったのに、突然動かなくなりました・・・。
  
もの凄い豪雨で前方が見えない渋滞の最後尾。
後ろからきたトラックに挟まれてぺちゃんこになるフラグがバリバリに立ってる状況で、迷わず路側帯に避難。
   
ずぶ濡れになりながらしばらく雨をやり過ごし、少し弱くなったところで出発。
   
最後の最後でいやっちゅうほど雨に打たれて、ずぶ濡れになりながらようやく帰宅しました(^_^;)
   
それにしても、電子機器満載のルパンがあの豪雨でおかしくならないか心配してたけど、なんとか無事みたい(^_^;)
まさかこんなところで耐水テストをすることになるとは・・・(^_^;)
   
   
   
   
カヤノ平との往復で
   

   
走行距離は1019km。
ちょうど慣らしも終わる距離となりました(^_^;)
   
  
わずか数日だったけど、初めてのカヤノ平は涼しくて気持ちのいいキャンプ場でした。
今度はもう少しのんびりと滞在したいと思います(^_^;)
    
   
   
   
  
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ



   
スポンサーサイト



BMW R1200GS Adventure

私の愛車
  

   
通称・あどべんちゃん。   
   
空油冷のボクサーツイン(DOHC)の最終型。
これを買った翌年(?)に現行型の水冷ボクサーツインを搭載したアドベンチャーが発売された。
   
年式は2011年式。販売店がモトラッド ジャパンに課せられた2011年の販売ノルマをクリアすることができず、登録だけして店頭に在庫していた「新古車」でした(^_^;)
   
2012年の4月に購入してから、自分なりにいろいろと手を加えて大切に乗って来ました。
   

   
定番のフォグランプステーは、純正品ではなくワンオフのオリジナル。それに自分でいろんなフォグを取り付け、いまはIPFのLEDフォグランプを装着。
   

   
フロントスクリーンには
  

   
ツラーテックのサブスクリーン。それに、バイク仲間でキャンプ仲間である蒼海さんが作ってくれた陣馬形山キャンプのステッカー。
カッコいいデザインでお気に入りのアイテムになりました(^^)
   

   
トップケースは純正ではなく、HEPCO & BECKERのアルミケース。これ、中がクーラーボックスのような発泡スチロール張りになってて、保温性もある。それに、九州・玖珠の「金太郎」のご主人、Kiyomakoさんにいただいたドイツ国旗をモチーフにしたステッカーや、蒼海さんにいただいたハンドルネームのステッカー、所属するツーリングクラブのステッカーなんかをペタペタと貼ってあります。
   

   
前輪と
   

   
後輪には、 Mud Slingの泥除けを装着。
これ、簡単に装着できて泥の巻き上げを防いでくれ、大変重宝しました(^^)
   

   
巨大なタンクをガードするタンクガードには、私がアドベンチャーに乗り始めて初めて実際にお会いして意気投合した、茨城のバイク&キャンプ仲間、ていじんさんからいただいたポーチを装着。中にウエスやレイングローブを入れて、クラッシュパッド代わりに長い間、あどべんちゃんを守ってくれています(^^)
   

  
右サイドには、手作りの工具箱を装着。近所のホームセンターで見つけた工具バッグにベルクロテープを縫い付けて車体のフレームに付けただけなんですが、なかなかの出来栄えに大満足♫  調子に乗って山口県のバイク&キャンプ仲間、アドさんにもおススメして、同じものをプレゼントしちゃいました(^_^;)
今ではすっかり色あせてしまったけど、中には応急処置に必要な工具がいろいろと入っています。
   

   
シートにはKunotechというところで作ってもらったメッシュシートカバーを装着。サイドの「shimidder」の刺繍やステッチの色など、細かく指定して約2週間で届きました。これで約2万円だったんですが、真夏の炎天下に停めていてもお尻をヤケドすることなくすぐに乗れる、大変秀逸なシートカバーです(^^)
   

   
わかりにくいですが、メーターの後ろの黒いパネルは、ツラーテックの商品です。シガーソケットとヘラーソケットが各1つ、計2口のパワーアウトレットが付いています。
   

   
フロントスクリーンの内側には100均で買ったメッシュのカゴをインシュロックで装着。それをベースにして、スーパーキャットのレーダー探知機と
   

   
USBハブを装着してます。
   
ツーリングクラブの先輩でキャンプ仲間であるモアさんに「走るヨドバシカメラ」と呼ばれたあどべんちゃんの心臓部がここになります(笑)
   

   
ハンドルグリップには、テニスラケット用のテープを巻いて、グリップの劣化を防いでいます。
ご覧のようにすぐにボロボロになるくらいなので、高価なグリップヒーター付きグリップを守るために、かなりの効果があったと思います。
   

   
ハンドルには無線機FTM-10のコントロールユニットを装着。本体はシート下の工具スペースに、アンテナは
   

  
リアシート脇にショートタイプのアンテナを装着。
   

   
バックミラーはナポレオン製のミラーを装着。
デザインも視認性も良く、気に入っていたんですが、唯一の難点はミラー調整の際に六角レンチが必要なこと。手軽に手でクイッと調整できたら良かったんですが・・・(^_^;)
   

   
ハンドルに付けたこれは、エアモニという、前後のタイヤの空気圧を教えてくれるモニター。ロングツーリングの時など、ふと空気圧が気になった時に教えてくれて、精度もなかなか高いので重宝してます。
   
   
   
 
   
私の愛車、あどべんちゃん。
約6年余りの間、いろんなところに連れて行ってくれました。
押すと死ぬほど重たいけど、またがって走り出せば驚くほど軽くヒラヒラと走ってくれる、最高のバイクでした。
    
かなりの大きさなので、乗り手の体格を選ぶバイクではありますが、誰にでも胸を張っておススメできる、世界最高峰のバイクであることは断言できます。
   
   
   
   
   
  
 
いままで、ありがとう。
あどべんちゃん。 
   
   
   
   
   
   


そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ


 

お試しラッピング

私の愛車。
     

   
BMW R1200GS Adventure 。通称「あどべんちゃん」。
私のは2012年式。いわゆる「空油冷DOHC」の最終モデル。これのすぐ後に、水冷式の現行型エンジンを搭載した新型が発売されました。
   
バイク自体には何の不満も無いんですが、最近、ブロ友でありキャンプ友達でもある茨城のwonder boyさんのブログに影響を受けて、やってみたいことがひとつ。
wonderboyさんのブログはコチラ
   
ボディーの「ラッピング」。
全体的に見た時に、どうも
   

  
このタンク横の部分だけシルバーなのが気になってたんです(^_^;)
でも、ここには愛する蒼海兄貴が作ってくれた「SHUMIDDER」のロゴが、納車当時からずっと貼ってあります。
   
しかしここはひとつ。蒼海兄貴には許してもらって、こいつをラッピングしてみましょう(≧∀≦)
    
てなわけで
   

   
用意したのはカーボン柄のラッピングシール。
30cm × 152cmの大きさで、620円とお安い(^_^;)
   
まずは
   

   
パーツを外してパーツクリーナーでゴシゴシ。
蒼海兄貴との思い出が日焼けの跡のように残ってます(^_^;)
   
脱脂 兼 クリーニングが終わったら
   

   
シールを剥がして貼っていきましょう。
   
本当はヒートガンか、無ければドライヤーで熱しながら貼るといいらしいんだけど、めんどくさいのでそんな物は使いません(笑)
   
要は、スマホの画面に保護シールを貼るときみたいに、空気を抜きながらちょっとずつ貼ればいいんでしょ? ちがう??(^_^;)
    

   
端から空気を抜きながら、気泡ができては何度も剥がして貼って剥がして貼って・・・
   

   
ようやくできました(^_^;)
   
でもやはり、気泡やシワが・・・
ま、今回は練習ってことで(^_^;)
   

   
バイクに付けてみると
   

   
遠目にはなかなかいい感じです♫
全体的に黒で統一され、引き締まった感じがします。
   
うん。こりゃ、なかなかよろしい。
しかし、今回は練習。
   

   
明らかに取り付けを間違えたのと
   

   
こんなシワや気泡も無くしたい(^_^;)
   
なので、後日もう一度、アタックしようと思います。
幸い、ラッピングシールはまだまだ余っているので、ヒートガンを用意してリベンジしようかな・・・?
    
   
ここの反対側には
    

   
wonderboyさんが作ってくれた「宇宙戦艦ヤマト」が貼ってあるので、これをどうするかという問題もあります・・・(^_^;)
   
   
   
なにはともあれ、簡単にバイクのイメチェンができる「ラッピング」。
上手く出来るようになったら、私も色々とチャレンジしてみたいと思います♫
    
   
   
   
   
   
  
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

北の国から 2017 夏  ~貝殻と星空~

実に30年振りに訪れた
   

   
佐呂間湖畔ユースホステルで1夜を明かし、
   

   
美味しい朝ごはんをいただいたところで、ボチボチと出発!
   
おっと! その前に
   

   
きちんとベッドを片付けないとね。
でも、昔ほど
   

   
シーツはうまく畳めなかった・・・(^_^;)
   
   
昨晩の雨が嘘のようにあがり、この日は朝から良い天気♫  
オホーツク海沿いに北へと向かいます。
   
途中、
   

   
でっかいカニを見たり
   

   
10時のおやつに筋子おにぎりをいただいたり
   

   
真っ青な北の空を目指してのんびりと走ります。
   
やがて
   

   
最北端の地に到着~!
   

   
間宮さんに見守られながら
   

   
記念撮影~(笑)
   
滞在時間はわずか数分で最北端の地を後にし、少し南の宗谷丘陵へと向かいます。
  

   
青空の下に広がる広大なパノラマ。
   

   
赤い屋根と白い花が綺麗。
   
しばらく行くと
   

   
道路まで白くなった。
   

   
よーくみると、これはみんな
   

   
貝殻を細かく砕いたもの。
これが
   

   
ずーっと敷き詰められている。
青と緑と白の美しいコントラストの中をのんびりと走って行くと
   

   
海が見えました(^^)
   
海の向こうに見えるのは利尻島。
   
そしてしばらく走ると
   

   
ノシャップ岬に到着。
対岸の利尻富士が綺麗~!
あまりに綺麗なので
   

   
記念撮影。
  
そんなこんなでそろそろお昼過ぎ。
   

   
これまた日本最北端の温泉施設でひとっ風呂浴びたら、この日の宿営地を目指します。
この日の宿営地は
   

   
豊富町にある兜沼公園キャンプ場。
   

   
湖畔に広がる静かな林間サイトはバイク乗り入れ可。
夏休み前ということで、私の他には誰もいませんでした(^_^;)
   
さてと。
   

   
ボチボチ夕飯の支度に取り掛かろう!
   

   
自然の中で食べるご飯はなんでこんなに美味しいの??
   
キャンプ好きなら誰でも思うこんな疑問を呟きながら、この日も静かに暮れていったのでした~。
   
翌朝は一面の霧の中で目覚めました。
生乾きのテントを畳んだら出発!
この日、最初に向かったのは
   

   
サロベツ原野。
朝早いので、売店とかはまだ開いてない時間帯。
サクッとスルーして
   

   
霧に煙るサロベツ原野を眺めながら南へ向かいます。
   
しばらく行くと
   

   
霧の中にたくさんの風車が見えてきました。
ここは
   

   
オトンルイ風力発電所。
ここからしばらく、快走路として有名な「オロロンライン」を南へ下ります。
   
途中の道の駅
  

   
おびら鰊番屋で休憩。
   

   
平日ということもあって、私以外のお客さんはいませんでした・・・
少し人恋しい・・・(^_^;)
   
道の駅を後にしたら、次は旭川ラーメンを求めてひた走ろう!
向かったのは
   

   
ひまわり。
「モルメン」というのが何なのか、確かめもせずに
   

   
いただいたのはホルモンラーメン。
ひょっとしてこれが「モルメン」なのか??
お味は言うまでもなく絶品!
大変美味しゅうございました。
   
旭川から南に下ると、そこはもう
   

   
富良野!  
   

   
お天気も回復して、一気にカラフルな景色が広がります。
   
この頃の気温は
   

   
35度・・・
   
もう、限界に近いほど熱くなった身体を
   

   
こいつでクールダウン♫
富良野といえば有名な
   

   
サンタのヒゲ!
これだけは北海道に来るたんびに必ずいただきます♫
   
   
   
さて。
   
ここ富良野には懐かしい思い出が・・・
   
   
あれは1995年の冬の出来事だったわけで・・・
   
あの日、僕の恋人のシュウちゃんは
     
  

   
雪の中のこのお店で
   

   
僕宛の手紙を書いていたわけで・・・
   
   
そのお店に
   

   
行ってみました!
ガランとした店内に入り
   

   
あの日、宮沢りえ・・・じゃなかった、シュウちゃんの座っていた席に座って
   

   
思い出のアルバムを見ていました。
ちなみにいただいたのはスイカジュース。
甘さ控えめで、大変大変美味しくて、2杯も飲んでしまいました(笑)
   
シュウちゃんの思い出と美味しいスイカジュースで、すっかりのんびりしていたら、暇を持て余していたであろうお店の女の人が話しかけてくれました。
  
昨日からほとんど誰とも口をきいていなくて人恋しかったこともあり、ついつい話に花が咲いて・・・
   

   
こんなのをいただいてしまいました(^^)
これ、なんだかわかる??
これは
   

   
こんな形をしたハスカップという果物。
私も初めていただいたんですが、甘酸っぱくて美味しかった!  これをお店のお姉さんと二人でつまみながら、まるであの日のシュウちゃんとのように恋人気分に浸りました(笑)
   

   
ちなみにその間、一人もお客さんは来ませんでした(^_^;)
   
シュウちゃんに別れを告げ夕方近くになってゆるゆると出発。
ここから本日の宿まではもうすぐ。
   

   
麓郷街道から3kmほどのダートを入ったところにある
   

   
「星人の宿 ペンション和田」が今夜の宿。
ここには5年前にもお世話になって、すっかり気に入ってしまいました。
   

   
綺麗なツインルームを一人で使わせていただきます。
   

   
トイレ、お風呂、洗面所は共同。
   

   
談話室とかもあって、グループで泊まるのも楽しそうです♫
   

   
夕食にはビールもいただき
   

   
すっかり上機嫌♫
   
夕食を終えたあたりから
   

   
西の空に夕陽が沈み、「星人の宿」にふさわしい綺麗な星空が広がってきます。
  
今回はこの星空を堪能したいという目的もあって
   

   
カメラに虫除けにランタンを準備!
さらに
   

   
iPhoneのアプリで星座表までダウンロードして、夏の夜空をたっぷり3時間以上も楽しみました(^^)
   
写真の方はイマイチで
    

   
頑張ってこんな程度(^_^;)
一応、真ん中の明るいのは木星らしいです(^_^;)
   
ここで生まれて初めて、人工衛星を肉眼で見つけました!  星と同じくらいの光点が一定の速度でゆっくりと夜空を横切っていくのを見つけ、先ほどのアプリで調べたところISS(国際宇宙ステーション)であることが判明! これには感動しました(^^)
  
困ったのは、夜空を縦横無尽に飛び回るホタル(^_^;)
「あっ!流れ星!・・・じゃなかった・・・」って感じで何回も騙されました(笑)
    
そんなこんなで富良野の静かな夜をたっぷりと堪能して、その日はぐっすりと眠ったのでした~
   
 
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

北の国から2017夏  ~灼熱の国~

鵡川の道の駅で眠ったまま、気がついたら2ヶ月以上も経ってました(^_^;)
  
やばいやばい!   もうかなり忘れかけてる(笑)
   
   
   
鵡川にある道の駅「四季の館」でキャンプというか野宿をした翌日。
   

   
幸いお天気も良さそう🎵
  
サクッと撤収を済ませたら、いよいよ北海道ツーリングスタート!
   
ドンッ!(水曜どうでしょう風に)
    

   
まずは鵡川の道の駅を出て東へ。
この日は帯広を抜けて標茶町を目指すロングステージ。
   

   
まだ冷たさの残る空気の中を朝日に向かって快調に走っていると
   

  
ん?   幌内ってどこ??
   
そんなことまったく気にせずに
   

   
およそ1時間。
   

   
何事もなく道の駅に到着~🎵
ここで見つけた
   

   
この旅初めてのセイコマで
   

   
大好きな「すじこのおにぎり」で朝ごはん🎵
   
美味い!
   
   
ふと横を見ると
   

   
ほほぉ・・・
そう来たか。北海道さん。
   
ここから国道274号の日勝峠を越えて帯広に抜けようと思ってたんだけど、早く気付いて良かった。
そう言えばさっきの掲示板も、このことを言ってたのかな?
   
てなわけで北に進路を変えて、国道237号線で占冠へ。そこからトマムを抜けて国道38号線の狩勝峠を越えよう。
   

   
北海道らしい広大な畑が広がる気持ちのいい道を進む。これはたぶんトウモロコシかな?  まだまだ収穫まではかかりそう。残念!
   
フンフンフフン🎵  と鼻歌まじりで気持ちよく走って
   

   
ナイタイ高原牧場に到着~🎵
   
日本一広い公営牧場は
   

   
向こうの端が霞んで見えないくらい(^_^;)
   
この時点で時刻はまだ9時過ぎ。
セイコマのすじこおにぎりだけではちと寂しくなって来たので
   

   
揚げたてコロッケをいただきました!
これがまた、アツアツのウマウマ🎵
  
勢いに乗って
   

   
かぼちゃのソフトクリーム🎵
こいつもまた絶品!
  
おそるべしナイタイ高原牧場!(笑)
   
小腹もふくれたところでまた走ろうかねぇ。
今度は帯広の市街を目指してトコトコトコ。
   
やって来たのは
   

   
十勝牧場の近くにある白樺の並木道。
白樺に囲まれたまっすぐなダートが数キロに渡って伸びている。
   

   
砂けむりを上げて走るトラクターをやり過ごして、気持ちのいいフラットダートをすっ飛ばしたら
    

   
こんなとこに到着。
   

   
やって来たのは帯広農業高校。
この日はなんと文化祭の日!
   

   
「食品科学科」なんて学科を見て、好きな人ならもうお分かりですね。
  
ここは僕の大好きな漫画「銀の匙」のモデルになった学校。
何もかも漫画と通りで、自分が作中の登場人物になったように思いました。
(もちろん、生徒に大人気のイケメン先生役ですな)
   

   
大行列ができていた焼きたてあんぱんを買って
   

   
ものすごい人出の校内を一回りさせてもらいました。
      
ちなみにこの日の帯広の気温は37度・・・
沖縄を超えて、日本で一番暑い街だったらしい(^_^;)
   
朝からポツポツといろんなものをつまみぐいしてるので、それほどお腹が減ってたワケじゃないけれど・・・
   
帯広といえば豚丼!
  
てなわけで
  

   
豚丼の元祖(?)と言われてるらしい「ぱんちょう」へ。
   

   
これで1500円ほどだったかな?
   

   
なかなかのボリュームだったけど、ペロリといただいちゃうくらい美味しかった🎵
   
お腹がふくれたところで、前回(4年前?)果たせなかったアレに行こう!
  
向かったのは
   

   
帯広競馬場。
ここで開かれている「ばんえい競馬」を見てみたいとずーっと思ってました!
  
もちろん、見るだけではなく
   

   
馬券も買いましたよ!
   
こう見えて、ギャンブルと名のつくものは一切やらない私。
当然ながら馬券の買い方なんて知りまへん(笑)
そんなド初心者向けに一から教えてくれるヘルプデスクみたいなのが設置されていて、そこのおばさんに色々と伺いながら
   

   
ついに手にした人生初の馬券!
これがいくらになるかまったくわかんないけど、当たったら帰りはフェリーではなくヘリをチャーターして帰ろう!
   

   
パドックとやらに行くと、でっかいお馬さんが目の前をノッシノッシと歩いてた。
どれもこれもラオウの乗る黒王号に見えてすごい迫力だ!
   

   
さぁ!  遠くのゲートが開いて各馬一斉にスタート!
   
コースは途中に2つの障害(山)がある直線。
   
その障害に差し掛かると
   

  
この迫力!
コースのすぐ横を並走しながら応援できるので、最初から最後まで圧倒されっぱなし!
   

   
砂けむりを上げながらゴール!
     
いやぁ、みんな、よく頑張ったね!
すごいぞお馬さんたち!
いやぁ~、本当にいいものを見せてもらいました。
これだけで十分に来た甲斐がありましたよ!
わははははは・・・(;ω;)
   
   
そんな負け惜しみを残して、ほんの1レースだけのギャンブラー気分を満喫したら出発~!
   
目指す多和平まではまだ数百キロ。
この暑さで汗だくなので、どこかで風呂も入りたい。
   
そんなことを考えながら国道241号線を走って、阿寒湖から弟子屈方面へ。
  
途中、阿寒湖温泉に入ろうかと思ったんだけど、この日は日曜日とあって観光地はすごい人(^_^;)
いっそ華麗にスルーして先を目指す。
   
とは言え、今夜の宿と定めた多和平キャンプ場にはお風呂がない。
なので弟子屈で進路を北に変えて屈斜路湖方面へ。
   
たどり着いたのは
   

   
屈斜路湖畔にある
   

   
コタン温泉露天風呂。
   
私が到着した時、中には2組の若いカップルが入ってたんだけど、私が入るとスグにみんな出ちゃいました・・・
なんでだろう・・・?
   

   
夕陽の沈む屈斜路湖を見ながらのんびりと露天風呂に入ったら、ここから目指す多和平まではもうすぐ。
   

   
夕陽が沈み切る前になんとか
   

   
多和平キャンプ場に到着~🎵
   
サクサクっと設営して
   

   
オプティマスに火を入れたら
   

   
帯広競馬場で買ったソーセージを焼く。
   

   
これがまた、ウマウマ!
     
  
  

   
空には明るいお月様が昇り、いい感じ🎵
  
この日は午前4時から走っている私。
この時の時刻は覚えてないけど、あっという間に朝まで爆睡したのは言うまでもありませぬ(笑)
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ