北の国から 2017 夏  ~そして故郷へ~

富良野の「星人の宿」で満天の星空を堪能し、ゆっくりと眠った翌日。
   

   
地元・富良野で採れた新鮮な野菜たっぷりの朝食から1日は始まります。
   

      
「今日も暑くなりそうだなぁ」なんて思いながら
      

   
あま~いスイカまでいただいて、お腹いっぱい(^ ^)
この日は星人の宿に連泊するので、身軽な状態でバイクにまたがり出発!
      
今回の北海道ツーリングの「裏テーマ」は「ダート走行」(笑)
面白そうな道を見つけたら、勇気を出して突っ込んでみよう!!
  
そんな勢いで突っ込んで、開陽台ではヒドイ目に会ったんだけどね(^_^;)
   
しかし。
   
この日のアドベンチャーは空荷!
パニアケースにもリアシートにも、何にも載ってない!
   
・・・
   
まぁ、一番の重量物は運転してるんだけどね(^_^;)
   
なので、少々のケモノ道ならいつもより勇気を出して突っ込もう! 
   
てなわけで
   
   

   
こんな道にも、果敢に突っ込んで行きました!
   
・・・
   
約300m進んだところで畑にぶち当たり行き止まり。Uターンできるスペースもなく・・・空荷とは言え乾燥重量270kgのアドベンチャーを汗だくになって押しながら戻りましたよ・・・orz
   
写真??
  
あるか~い!!( *`ω´)
   
   
気を取り直して。
この日はのんびりと富良野の街を散策しましょう♫
   

   
富良野と言えば「北の国から」。
学生の頃、倉本聰原作のこのドラマに感動して、卒論のテーマも「倉本聰論」にした私。
富良野に来たからには、ドラマゆかりの場所を巡りましょう♫
   

   
「石の家」。
確かドラマでは、丸太でできたログハウスが火事で全焼しちゃって、二度と燃えないように畑から出る石を積み上げてコツコツと作ったとか・・・
   
実際に見てみるとかなり立派で、石造りのお風呂なんかもあっていい感じ(^ ^)
でも、真冬はキンキンに冷えるんじゃないかな(^_^;)
   

   
「麓郷の森」は鬱蒼としたブナ(?)に囲まれた静かな森。ここで
   

   
ちょっと休憩(^_^;)
   
この日の富良野も35度を超える異常な暑さ・・・
水分をこまめに補給しながら行かないとね(^_^;)
   
そんなこんなで時刻はお昼に近づいてきました。
富良野でランチと言えば
   

   
唯我独尊の
   

   
カレー!  暑い日に汗をかきながら食べるカレーはまた格別。
ふと、壁を見ると4年前にはなかった
   

   
こんな貼り紙が。
英語のみならず、「北の国から」にも精通している私は、厨房の奥にいた店員さんを呼び寄せる時に言うもんだと勘違いして、お店の奥に向かって「ル~ルルル、ル~ルルル・・・」と言ってたら、店員さんに爆笑されました・・・
  
他の人をみると、カレールーの追加をお願いした時に「合言葉は?」って聞かれてから答えてました・・・
   
   
気を取り直して。 
   
お腹がふくれたら欲しくなるのが食後のコーヒー。
富良野でコーヒーと言えば・・・
   

   
ここ。
富良野プリンスホテルの前にあるこの森の中。
   

   
ウッドチップが敷き詰められた森の中の小径を歩いて行くと
   

   
見えてきました。
   

   
倉本聰脚本のドラマ「優しい時間」で、嵐の二宮和也の父親役であった寺尾聰がマスターをつとめていた「森の時計」。
   

   
カウンターに座って
   

   
自分で豆を挽いてコーヒーを飲むのがここのやり方。
   

   
美味しいロールケーキと一緒にいただきました(^ ^)
   
   
この辺りで時刻は午後3時を回った頃。
夕食にはまだ時間があるので、麓郷の町をあてもなくフラフラ。
   

   
こんなお店を見つけて自宅にメロンを送り
   

   
富良野で有名な「星に手の届く丘キャンプ場」を視察(笑)
   
そんな感じでのんびりと散策を楽しんで、星人の宿に帰ってくると彼がお迎えに来てくれました(^ ^)
   
4年前に星人の宿にお世話になった時にいたヤギはその後亡くなったらしく、こいつは二代目。
名前は聞かなかったので、勝手に「ジンギスカン 二世」と名付けました(笑)
   
この日はなんだか疲れてたのか、ご飯の後は星も見ずに寝てしまいました(^_^;)
      
明けて翌朝。
   

   
美味しい朝ごはんをいただいたら、お世話になったみなさんにお礼を言って出発!
   
この日は北海道ツーリング最終日。
富良野を出発して向かったのは
   

   
山田洋次監督の名作「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地。
   

   
映画の世界観そのままの街並み。
   

   
高倉健、武田鉄矢、桃井かおりが旅をしたマツダ ファミリア。懐かしい~!
   

   
黄色い付箋がたくさん貼られた屋内。
   

   
1枚1枚に願い事が書かれています。
そんな願いが書かれた黄色い付箋に埋もれるように
   

   
亡くなった健さんの写真が・・・
   
僕ら50代(よりも少し上かな?)には、「憧れの男」と言えば高倉健さんでした。
一番印象に残っているのはこの「幸せの黄色いハンカチ」と「鉄道員」。どちらも無骨で不器用でカッコいい男のお手本を見せてくれました。 
   

  
この手紙を受け取った奥さんは、いつ戻るともわからない夫(高倉健)のために
   

   
たくさんの黄色いハンカチを軒先に・・・
   
これを見ただけで泣けてくる・・・(笑)
   
   
  
そんな名作映画の世界に浸ったらそろそろ出発しましょう。
  
次に向かったのは
   

   
ここ。
    
言わずと知れた
   

   
「水曜どうでしょう」の聖地。
もちろん
   

   
あの公園で記念撮影(笑)
   
   
さてと。
北海道最終日のランチはどうしよう??
ここはひとつ、奮発して
   

   
回転寿司(笑)
いや、ほんと。ハズレがない美味さだね。
   
その後、札幌から1時間ほど走って
     

  
小樽へ。
   
ここらでお約束の
   

    
食後のデザートの時間♫
いただいたのは
   

   
なんだっけ? これ?  イチゴパフェ??
   
夕方まで小樽の街をブラブラしたら
   

   
フェリー乗り場の近くの温泉施設へ。
ここで出航までの間、時間を潰しましょう。
   
ふと気づけば
   

   
ずいぶん焼けたなぁ(^_^;)
   
グローブの跡だけが真っ白・・・
   
   
私のヘルメットはジェット型。
両方のほっぺた部分には「チークパッド」というガードが付いてます。
その結果・・・
   

   
変な日焼けに・・・
   
どこかで見たと思ったら
   

   
ワンピースに出てくるキャラクターでした(^_^;)
   
  
ゆっくりとお風呂に入って、湯上がり処でしばらくゴロゴロしたら
   

   
フェリー乗り場で乗船待ち。
   
帰りの寝床は
   

   
個室でのんびり♫
   
そして北海道ツーリング2017 最終日のディナーは
   

   
コンビニスペシャル(笑)
  
唯一の心残りは、大好きな「すじこ」のおにぎりが無かったこと・・・
   
大きな船に一晩揺られ、自宅に帰ったのは翌日の夜中。
   
   
4年前とは違って、とにかくお天気に恵まれた今回のツーリング。
カヌーや星空など、楽しい思い出いっぱいの、充実した旅になりました(^ ^)
   
   
さて。 
   
今年は北海道に行けるかな?
行くなら秋がいいな(^_^;)
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 
スポンサーサイト

北の国から2017夏  ~えーっと・・・なんだっけ?~

あれはワシがまだ40代の夏のことぢゃった・・・
   
身長182cmのワシが小柄に見えるくらい大きなオートバイに乗って、フェリーで北海道に行ったんぢゃ・・・
   
まだ7月というのに、その時の北海道はたいそう暑くて、いいかげんヘロヘロになりながら標茶町にある多和平キャンプ場というところまで行ったんぢゃ・・・
   
これはそこからのお話し。
   
   

   
翌日も朝から良いお天気♫
   

   
何はともあれ朝ごはん。
北海道に来たからには
   

   
「ソフトカツゲン」!
これ、関西ではあまり見たことなくて、セイコマの筋子おにぎりと同じく、北海道に来たら必ずいただく楽しみになってます(笑)
   
お腹がふくれたらサクッと撤収して、まだ涼しい朝の空気の中に走り出します。
   
向かったのは
  

   
開陽台!
「地球が丸くみえる」というキャッチフレーズのとおり
    

       
広々として気持ちのいい景色!
   
駐車場にバイクを停めて深呼吸なんかをしていると、トイレの横に
    

   
こんな看板を発見。
ほほぉ~。「頂上に   2輪無料駐車スペースあるモォ~」か・・・
   
ほほぉ・・・
   
   

  
こ・・・この上か・・・
   
看板の新しさに比べて、この「ケモノ道」感はどうよ?(^_^;)
道幅(?)はアドベンチャーのタイヤの幅とあまり変わらない・・・
  
    
   
この先に何があるのか?(キャンプ場って書いてあるけど・・・)
  
確かめんわけにはいくまい!
ってなわけで突撃~!!
   
   
わずか数メートル進んだところで押し寄せてくる後悔の念(笑)
それでも四苦八苦しながら登ること10分ほど?
    
   

   
建物の裏手にある、車3台分くらいのスペースで行き止まり(^_^;)
確かにバイクなら数台は停めれるけど、今登ってきた
    

   
あの道を登るだけの価値があったかどうか・・・(^_^;)
    

   
軽快なバイクならともかく、フル装備のアドベンチャーでくるとこでは無かった・・・(^_^;)
   
てなわけで、またまた細い道をそろそろと降って開陽台を出発!
   
   
次に向かったのは、北方領土・国後島のすぐ近くになる野付半島。
   
北海道らしいこんな道を気持ちよく走りながら
   

   
しばらく走ると
   

   
海が見えてきました!
ここを右折してしばらく行くと
   

   
左右を海に挟まれた野付半島を走る
   

   
道道950号線。
   
この道の周りには
   

   
潮の満ち引きで立ち枯れた森が広がっています。
   
そんな絶景を堪能したら、サクッと次を目指しましょう(笑)
  
次に向かったのは
   

   
日本最東端の納沙布岬!
    

   
日本の東の端っこまで行ったら、そろそろ時刻はお昼時♫
   

   
根室の町の回転寿司屋さんには、たくさんのライダーさんが来てました(^ ^)
    
根室のスーパーで買い出しをしたら、この日の宿営地となる
   

   
釧路のシラルトロ湖キャンプ場へ。
ん??
向こうに前の晩から泊まってる人の可愛らしいテントが!
   
実はこれ。キャンプ仲間のmayさんのテント。
ここで同じくキャンプ仲間の蒼海さん、TREKさんと合流する予定だったんです♫
   
しばらくするとみなさん到着~!
キャンプ場にあるお風呂をいただいて、ふと見るとレストランもある。
根室で夕食の買い出しをしたことなんか、すっかり忘れて
   

   
かんぱ~い!!
   
結局この日は自炊せず、4人で呑んだくれて寝てしまいました(^_^;)
   
この日のルートは
   
   
   
こんな感じ。
Googleマップの「タイムライン」って、なかなか便利ですねぇ!
   
   
   
明けて翌日。
   
この日は朝の4時前に起きて速攻で撤収。
シラルトロ湖キャンプ場を出発したのは午前4時28分。
   
なんでそんなに早起きしたかと言うと、この日はみんなで釧路湿原のカヌーツアーに参加する予定だったんです♫
   

   
みんなで元気に走り出しました(ピンボケですけど)
   
向かったのはバイクで30分ほどのところにある塘路ネイチャーセンター。
  
受付を済ませて簡単な説明を受けたら
   

   
早速カヌーへ!
    

   
重量級の蒼海兄貴の乗るカヌーは、喫水線が・・・(笑)
   
朝靄に包まれた静かな釧路湿原を、音もなく滑るカヌー。
   

   
水辺にはたくさんの野生動物たちが生きています。
   

   
このツアーの楽しみは、川面でいただく
   

   
コーヒー♫
   
ハンドミルで挽いたコーヒーをその場でドリップしてくれる本格的なコーヒータイム。
出来上がったら
   

   
オールに乗って配ってくれます(笑)
   
う~む・・・
   

   
最高♫
   
ん?
   

   
キミも飲むかい??
   
   
そんな感じでのんびりとカヌーを楽しんだら
   

    
4人で記念撮影~。
別世界のような景色と静けさの中、川面で過ごした数時間は本当に最高でした。
今でもカントリーマアムを食べるたびにあの釧路湿原のカヌーを思い出します(笑)
   
    
楽しい仲間ともここでお別れ。ここからはまた、ソロツーリングとなります。
   
この日は釧路からまた北上して摩周湖方面へ。
   

   
裏摩周展望台にはたくさんの観光客が中国語を話しながら大騒ぎしてたので、写真だけ撮ったらtouch and go。
   
すぐ近くの
   

   
神の子池へ。
ここはまだ観光客は少なくて、日本人のご家族連れがいたくらい。
青く澄んだ池を眺めてしばらくのんびりしたら出発。
   
そこから向かったのは
    

   
延々と続く真っ直ぐな道。
道東の斜里岳の近くから海まで続く真っ直ぐな道は、見ているだけで気持ちいい道でした(^ ^)
   
この時点で時刻はまだお昼前。
とは言え、この日は早朝からカヌーで遊んで来たのですでにお腹が・・・
   
てなわけで、
   

   
ちょっと寄り道(笑)
   
こちらで
   

   
美味しいとうきびやじゃがバターをいただきました(^ ^)
   
小腹がふくれたら、この日は大切なミッションが。
それは、溜まった洗濯物!
てなわけで
   

   
コインランドリーでお洗濯(笑)
ここで1時間ほど洗濯をしていると、名古屋からキャンピングカーでいらしたというご夫婦とお話しすることができました。
5月からかれこれ2ヶ月以上も北海道を回っておられるということで、いろんなお話が聞けるかと思いきや・・・
旦那さんからも奥さんからも、出るのは相方のグチばかり(笑)
ずっとお二人で周ってこられて、溜まりに溜まったストレスをたっぷりと吐き出されていました(^_^;)
   
   
なんだかグッタリと疲れたので、お昼ご飯は何か美味しいものを食べましょう♫
あ、ちなみにさっきのとうきびやじゃがバターはおやつね?
   

   
向かったのは網走にある「ホワイトハウス」というお店。
いただいたのは
   

   
ドドーンとステーキ!
これに
    

   
まさかのウニ&イクラ丼!
   
いや、これ、食いしん坊の私が2品も注文したのではなく
   

   
こういうメニューなんですよ(^_^;)
これで1580円って・・・お安い!
    
すっかり満腹になったら、何かデザートが食べたくなるのは自然の摂理。
腹ごなしがてらバイクでしばらく走って
   

   
道の駅 サロマ湖に到着~。
こちらで
   

   
ソフトクリーム♫
   
一息ついたらこの日の宿へと向かいます。
この日の宿は
   

      
サロマ湖畔ユースホステル。
   
いい歳したオッさんがユースホステルなんて、若い人の宿を奪うことになるのではないかと躊躇したんですが・・・
   
今からちょうど30年前の同じ時期。
当時、カワサキのGPX250に乗っていた私は、このサロマ湖畔ユースホステルに泊まった記憶があります。その頃を思い出して、どうしてもまた泊まりたくなった。
  
調べてみると最近は、ユースホステルの会員でなくてもビジター料金で宿泊可能とのこと。しかもわずか数百円の差。
さらにこの日は夏休み前の平日ということもあって、学生さんの利用も少ないだろうと思い、おそるおそる予約してみました(^_^;)
   
ユースホステルに到着した頃から、空模様が・・・
   

   
バイクにシートをかけたあたりで、少し本降りになってきました。
とはいえ、今回の北海道ツーリングで雨に降られたのはこの日の夜だけ。前回とはうってかわって、お天気に恵まれたツーリングでした(^ ^)
   
懐かしいユースホステル。
私の予想通り、この日の宿泊客は私を含めて3人だけ(笑)
しかもみなさん、私より年上の人ばかり(^_^;)
   

   
2段ベッドが4台、計8名が泊まれる部屋に一人きり。静かというか、すこし寂しい感じでした(^_^;)
昔は夜になると必ず「ミーティング」があって、宿泊者みんなで歌を歌ったりゲームをしたりと盛り上がったもんなんだけどなぁ・・・
   
サロマ湖畔ユースホステルの目玉は豪華な夕食!
    

   
名物のホタテ尽くしは、どれも美味しくて大満足!
   

   
誰もいない「談話室」でビールもいただき、静かな雨のサロマ湖を満喫しました。
    
   
    
   
  
   
はぁはぁはぁ・・・
   
長い間サボっていたので、かなり頑張って書いたハズなのに、まだ北海道から帰ってこれない!(笑)
   
はたして、この続きはいつになるのか!?
私はいつになったら大阪に帰ってこれるのか?!
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






 

北の国から 2017 夏   ~旅立ちの日~

2017年7月7日(金)。
   
いつもより早く仕事を終えたら、まっすぐに家に帰って荷物の積み込み。
   

   
今度の北海道はキャンプもするので、テントやコットなんかのキャンプ道具がたくさん。
   

   
テントを入れた防水バッグの上にはソーラーシステムを装備。
でも、日中はずっとバイクから充電してたのであまり役には立たなかった(^_^;)
   

   
トップケースの上にはソーラーランタンとクロックス。このソーラーランタンが本当に重宝した!  なんせ、ずっといいお天気だったので、常に満充電状態だったからね(^_^;)
   
そして
  

  
もう一人の乗組員も
   

   
定位置に搭乗完了。
旅の間ずっと「暑いな」「腹減ったな」って話しかけていた49歳のおっさん(^_^;)
    
一通り積み終わってホッとした頃、絶妙のタイミングで
   

   
待ちに待った「BLINCAM」が着荷!
   

   
「サイバーガン」デザインのこいつがいつ届くかと気をもんでいたんだけど、まさか出発の2時間前に到着するとは・・・(^_^;)
   
付属のアタッチメントを使って早速メガネに装着するも、どうもうまくウインクを検知してくれない。
  
そもそも、私のメガネのツルの部分が細すぎて、なんだかガクガク・・・
仕方がないので
      

   
電気配線結束用のベルクロテープでガチッと固定。
こうすると、面白いようにきっちりとウインクを検知してシャッターが切れた。
   
今回はこれで北海道に持って行こう(^_^;)
   
   
さて。
  
最後のエレメントもなんとか揃ったところで、自宅を出発したのは午後8時過ぎ。
いつもの第2京阪から京滋バイパス、名神から北陸道を走って
   

   
新日本海フェリー 敦賀フェリーターミナルに到着。乗船待機場所には
   

   
たくさんのバイクが乗船を待ってました(^◇^)
この瞬間がワクワクして楽しいのよね~
   
待つこと30分ほどで乗船開始。
   
今回は
   

   
2段ベッドの下段、一番端っこなのでほとんど個室みたいなもんだった(^◇^)
  
久しぶりのバイクで疲れたのか
   

   
相棒は先におやすみ。
   
そして私はワクワクして眠気なんて全くない。なので船内を探検。
   

   

   

   

   
左下に鳥の足跡みたいなマークが付いてるのがBLINCAMで撮った写真。初期設定は120万画素で、船内は光量が少ないので画像は粗いね。しかも歩きながら撮っていたのでピントもイマイチ。
明るくなってからどうなるか、楽しみにしましょう(^_^;)
   
そんな感じで後はこれと言ってやることも無いので
   

   
ビールを飲んで早々に眠りについたのでした~。
    
   
    
   
 
 
    
明けて翌朝。
   

   
日本海に昇る朝日。
ここは
   

   
石川県の能登半島沖。
よく見れば
   

   
右舷に能登半島が見える。
   

   
涼しい海風に当たりながらモーニングコーヒー。
   
そしてその後は特にやることも無いので、iPhoneに保存して来た「北の国から」のビデオをひたすら観て過ごす。
   
お昼頃になってお腹が空いてきたので
   

   
出港前にコンビニで買っておいたカップラーメンでお昼ご飯♫
   
そうこうするうちに
   

   
夕方には船は津軽海峡へ。
   

   
♫ごらんあれが竜飛岬 北の外れとぉ~♫
   
なんて熱唱してる間に苫小牧港に入港したのは午後8時過ぎ。
   

   
みんな早く走りたくてウズウズしてるみたい。
やがて
   

   
右舷乗降ハッチが開いていよいよ北海道上陸(^◇^)
   
とはいえ時刻はもう夜9時前(^_^;)
今から走り出すにはさすがに遅いので
   

   
港から15分ほどの距離にある道の駅「むかわ四季の館」へ。
   

   
本日の宿はこの空き地!
すでに
   

   
先客がいらっしゃる(^_^;)
   
先客を起こさないように静か~に設営を済ませたら
   

   
本日のディナー♫
   
こんな風に今回の北海道ツーリングは食べ物はあまりこだわらずに行こうかと(^_^;)
   
この夜のむかわは20度前後とちょうど過ごしやすい気温。朝方にはもう少し冷え込むと思うので、冬用のシュラフにくるまってあっという間に眠ってしまいました(^◇^)
   
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ







 

北海道ツーリング  2017  ~荷造り編~

あどべんちゃんに
   

   
工具箱を2つ追加して、さらに積載量がアップしたのはいいんですが・・・
   
実際にどれくらいの荷物が必要なんでしょう?
   
   
北海道ツーリングの日程は7月7日(金)の夜から7月16日(日)の夜までの9泊10日。
  
前回はすべてビジネスホテルやペンションに泊まり、1回もキャンプしなかったんですが、今回はキャンプがメイン。それなりに持ち物も増えてしまいます。
   
   
てなわけで
   

    
並べて見ました(笑)
左上から、カメラに三脚、その下がグランドシート。右の緑のボトルは灯油。その下がパンク修理キット。そのまま下に行って、チェアとテーブル。一番上のでかいのがテントでその下が折りたたみテーブルとコット。真ん中がクーラーバッグでその右がシュラフ。真ん中下の小さいまな板の下にある紺色のカバンにはアルコールを入れたボトルやチャッカマン、ビニールテープなどの雑貨。その右の赤いカバンにはお箸やナイフ、スプーンなどの食器類が入ってます。
その右の黒い袋の中に鍋・コッヘル・シェラカップに
   

   
オプティマスNOVAが入ってます。
   
で、最後が右下のダウンブランケット。
   
これらをGIVIの防水バッグや、パニアケースのインナーバッグとして使っているコールマンのクーラーバッグに詰めると
   

    
こんな感じ。
   
これならフルパニアのあどべんちゃんには余裕で詰めます。それどころか、かなりスカスカかも?(^_^;)
   
   
他に忘れ物がないか、じーっと考えてても始まらないので、今週金曜日から「予行演習」に行く予定(o^^o)
   
そこで実際にこれらの道具を使ってみて、忘れ物がないか、不要なものがないかを確かめてみます(o^^o)
    
   
   
   
   
   
あっ! 
    
   
   
   
   
   

   
ランタン忘れてた!!
    
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ





























 

北海道ツーリング 2017  ~計画変更~

いよいよ来月に迫って来た北海道ツーリング。
   
ここに来てようやく、だいたいのコースが見えてきました(^_^;)
  
  
まず、行きのフェリーの航路を以前の「舞鶴→小樽」から「敦賀→苫小牧」に変更。
   
これは、到着初日の宿泊代金を浮かすために、鵡川の道の駅でテント泊することにしたため。
   
出発は予定通り7月7日(金)の夜なんですが、フェリーの出航は翌8日(土)の午前0時30分。なので、その日の20時30分に苫小牧東港に到着することになります。
   
到着後、鵡川の道の駅に向かいそこでテント泊。
翌9日(日)の朝から本格的な北海道ツーリングスタート!
  
まずはひたすら東へと向かい、途中で「ナイタイ高原牧場」や「タウシュベツ橋梁」なんかに寄りながら道東の「多和平キャンプ場」を目指します。
   
ここはとにかく星空が綺麗なキャンプ場。今回は
   

   
こいつでなんとか、星空の写真を撮ってくるというのが目的のひとつ。
   
一夜明けて10日(月)は、多和平からさらに東へと向かい、野付半島から根室、納沙布岬を目指します。
その近くにある「鈴木食堂」でお昼をいただき、霧多布岬から釧路を経て「シラルトロ湖キャンプ場」で1泊。
   
翌11日(火)は、朝4時に起床。サクッと撤収したら早朝の釧路湿原をカヌーで下るツアーに参加しようと思ってます(o^^o)
   
約3時間のコースを終えて、またまたバイクで走り出すのが午前9時過ぎかな?
  
そこから、裏摩周展望台、神の子池を経てオホーツク海へ。今度は西へ向かい、その日は「サロマ湖畔ユースホステル」で1泊。
  
ここはちょうど30年前の大学生の頃、カワサキのGPX250という、バイトして初めて買ったバイクで訪れたことのある思い出のユースホステル。
 有名なホタテづくしの食事も楽しみです(o^^o)
   
翌12日(水)はサロマ湖からどんどん北上して、有名な「エヌサカ線」とかを経て日本最北端の宗谷岬へ。そこから宗谷丘陵なんかを走って「北海道立宗谷ふれあい公園キャンプ場」で1泊。
   
明けて13日(木)は海沿いの「オロロンライン」を南下し、留萌から内陸へ。
富良野の「星人の宿」で泊まろうと思ってます。
   
ここは前回の北海道ツーリングの際にもお世話になったペンション。ここに連泊して富良野を満喫しようと思ってます(o^^o)
   
最終日の7月15日(土)は富良野を出発した後、夕張に寄ってから札幌・小樽へ。
その日の夜に小樽を出港する新日本海フェリーで舞鶴に向かうという予定です。
    
   
   
「旅は行き当たりばったりも面白いよ」と教えてくれた人もいますが、こんな風に自宅で計画する楽しさも捨てがたい(^_^;)
   
でも今回は、お天気の様子を見ながら行き先をコロコロと変えていこうと思ってます(o^^o)
  
たまにはいつものスタイルではなく、「行き当たりばったり」で走るのも楽しそうですもんね(o^^o)
    
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ