スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

雪の回廊ツーリング その1 ~がっつりアドベンチャー~

ゴールデンウィークが始まってすぐ。
4月29日からの3日間、信州・草津の「雪の回廊」を見に行ってきました。


自宅を出たのは午前3時過ぎ。
いつもの第二京阪から京滋バイパスを走って





30分ほどで名神高速・草津PAに到着~。

同じ草津だけど、今回の目的地は信州の草津。ここで他のメンバーと待ち合わせていざ出発~!

名神から中央道に入り、恵那峡SAで休憩。





うん。お天気は良さそうだ( ^ω^ )

そこから中央道を北上して





諏訪湖でまた休憩~。





美しい湖を見ながらしばし





バイク談義に花が咲く( ^ω^ )

走るのももちろんだけど、こんな時間もまた楽しいのよね~(≧∇≦)

「ちょ~! いつまでしゃべってんの!? 行きますよ!」という、幹事さんの悲鳴にも似た叫びを受けて出発~(笑)

小淵沢インターを降りて八ヶ岳高原ラインを気持ちよ~く走って、





たどり着いたのは清泉寮。青空にそびえる八ヶ岳が美しい!(≧∇≦)

ここの名物と言えばもちろん





ソフトクリーム!

なんせ





ストラップになるくらいの名物とだから、美味くないハズがない!(≧∇≦)

さらに





この美しい風景を見ながら食べるもんだから、そりゃあもう最高!(≧∇≦)


美味しいソフトクリームをいただいたものの、そろそろ時間はお昼どき。

てなわけで本日のランチは





北甲斐亭のお蕎麦!





みんなでワイワイ言いながら





美味しいお蕎麦をいただきました~!

お腹が膨れたらもうひとっ走り。





こんなとこに寄った後、懐かしのビーナスラインへ。





霧ヶ峰のドライブインで





グライダーを見ながらいただいたのは





名物のジャガバター!





あつあつホクホクのじゃがいもにバターをたっぷり乗せていただきました~( ^ω^ )

休憩のたんびについついおしゃべりに花が咲くおっさんライダーズ(^_^;)
予定時刻を大幅に超えたため、ここから本日の宿に直行することに。

本日の宿は信州・渋温泉の温泉旅館「天川荘」。
宿に着いたら旅装を解いて





帳場でこんな鍵をお借りして外湯巡りへ。

向かったのは





「目洗湯」。
ちょうどいい湯加減で、私の他に客もなく、ゆっくりのんびり浸かることができました( ^ω^ )

「外湯巡り」といいつつ、入ったのはここだけ(^_^;)
なんせ、午前3時過ぎから走ってるので、いい加減疲れてたのよ(^_^;)

宿に戻ってしばらくしたら、お楽しみの





晩御飯~!







美味しい料理をたくさんいただいて大満足( ^ω^ )

そして食後はもちろん





部屋飲み~( ^ω^ )

とは言えみなさん、この日は朝早くから走り続け・・・





一日中、おっさん連中を案内してくださった幹事さんも撃沈~(本当にありがとうございました)


てなわけで私も早々に退散退散太田胃散。


久しぶりにガッツリとアドベンチャーに乗って、大満足で眠りについたのでした~( ^ω^ )









 
スポンサーサイト

みちのく一人旅 ~もう一つの聖地へ。そして帰宅~

前日の「土砂降りライド」から一夜明けて。



まずはガッツリと朝ごはんをいただき元気回復!

この日はお昼過ぎのフェリーに乗る予定なので、それまでの数時間、近場をツーリング。

まず向かったのは



ここ。
航空自衛隊 松島基地。
そう、知る人ぞ知る「ブルーインパルス」のホーム! まさに聖地と言っても過言ではなかろうもん!

もうね。



あの中でブルーインパルスのカワサキT4が眠っていると思うだけで来た甲斐があったってもんよ!(≧∇≦)

基地の近くの道端には



こんなのもあったりして。
すっかりオタクマインドに火がついた感じで帰ってきました(^_^;)

そこから海岸沿いをトコトコと走り



観光客でごった返す名勝・松島へ。

「松島か・・・ あぁ、松島ね。松島ねぇ・・・」

と、ビミョ~な感じでさっさと退散。

少し早めに仙台のフェリー乗り場近くの



イオンで



ミスタードーナツのかき氷なんかを食べて時間をつぶし



乗船待ちの列へ。

ふと「ココイル」を確認すると



日本全国で注目を浴びていた(^_^;)

しばらくすると乗船開始。
時刻はちょうどお昼時。



船内のレストランはすでに満席だったので、ラウンジ席で



カレーと



大ジョッキ!(≧∇≦)

なんせ、バイクは船に固定されちゃったから、絶対に飲酒運転はないもんね! だから昼間っから呑んだくれても無問題だ!(≧∇≦)

その後、ご機嫌で



船内を散歩したり



カモメのジョナサンならぬ、カモメの皆さんと戯れたり。



何にもない海を眺めながら



もう一杯やったりo(^▽^)o

しばらくすると眠くなってきたので



長い廊下をヨロヨロと歩いて



自分の部屋へ。
今回はちょっと奮発して「S寝台」。



いくつもの小部屋に仕切られた



ここが我が軍の陣地。

さすがは「S」。中には



衛星放送を受信するテレビが装備されていた。
そんなテレビで「るろうに剣心」とかを観てるうちにむにゃむにゃ・・・

気がつくと時刻は夜の8時を回っていた。



デッキに出てみると、遠くに街の灯りが見える。
ここは



千葉県の犬吠埼沖らしい。

眠気も覚めて小腹が空いたので



青森でチーム根無草さんにいただいた「イギリストースト」をいただきました~(^O^)/

「イギリストースト」という商品名なのに「フレンチトースト味」とかいう種類もあるらしいカオスなご当地パン(^_^;)
しかし、味は絶品! あっという間に2つをペロリと平らげ、今度は朝までゆっくりと眠りました~。




明けて翌朝。



天気は・・・イマイチ・・・(~_~;)
場所は



もう伊勢湾に入っていた。



最後のイギリストーストで朝ごはんを済ませたら、長かった「みちのく一人旅」のエンディングテーマの準備。
曲はもちろん



水曜どうでしょうのテーマでもあるこれ。

そしてこの度最後のココイルを立ち上げると



山口にいるはずのアドさんが近くにいてびっくり!
ちょうど新幹線で東に向かわれる途中らしい。

しばらくすると



フェリー埠頭に蒼海さんが迎えに来てくれているのを確認!(≧∇≦)

その蒼海さんが撮ってくれた



この写真!
私が乗ったフェリーを岸壁から撮影してくれました!



まさに着岸間近のこの頃



アドベンチャーはまだ拘束されたまま。
やがて無事に着岸し



次々に発進する艦載機に混じって



満面の笑みを浮かべて発進する私。
理由はもちろん



大好きな蒼海兄ちゃんが迎えに来てくれたから!(≧∇≦)

実は蒼海さんが来てくれるんじゃないかなという予感はしていたo(^▽^)o
そんな期待を裏切ることなくちゃんと来てくれた蒼海兄ちゃんに、買っておいた「奇跡の一本松」のストラップをお渡しすることができました~o(^▽^)o

ここから家までは約200kmほど。
距離の感覚が完全に狂っていた私には「あぁ、もうすぐ家だね」くらいの感じ。
蒼海さんとしばらくの間楽しくお話ししたら、そろそろ家路へとつきましょうかね。

伊勢湾岸道から新名神へ。途中、



土山SAに来る頃にはすっかり天気も回復して気温も上がってきた。
ここで水分と



塩分を補給したらいよいよラストラン。
「1/6の夢旅人」をエンドレスで聴きながら自宅に着いたのは午後1時過ぎ。



今回の「みちのく一人旅2015」。
総走行距離は



2368.5km。

なんとかかんとか無事に帰ってくることができました(^_^;)




・・・「みちのく一人旅」なんてタイトルをつけたけど、こうして振り返ってみると決して「一人」ではなかったと感じる。

ていじんさん、wonderboyさん、aichanさん、carrotさん、さんぺいさん、ロージーさん、チーム根無草のheizoさん&mayさん、そして蒼海さん。
それ以外にもたくさんの仲間がココイルで見守ってくださいました。

なんだかずっとみんなで走っているような感じがして、あの豪雨の中でもくじけずに走りきることができました。(かなりギリギリでしたが・・・)

お会いさせていただいたみなさん、そしてココイルで見守ってくださったみなさん、このブログで応援してくださったみなさん!

本当に本当にありがとうございました!





はぁ~・・・ ε-(´∀`; )


・・・やっとツーレポを書き上げた。
これで「みちのく一人旅2015」完結でございます~(^O^)/


2015/8/19 Hervert von Shumidder
















そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ





 

みちのく一人旅 ~東北の一番の長い日~

涼しい酸ヶ湯キャンプ場で一夜を過ごし



この日も朝からいい天気o(^▽^)o



昨夜食べきれなかったスイカとパインが朝ごはん。

朝日が昇ってきたので



駐車場でテントを乾かす。
うん。
大きさはフィアット500と同じくらいだね。

そんな風にまったりしていると、「おはようございます」と声をかけられた。
現れたのは



チーム根無草のheizoさんとmayさん!

heizoさんのご実家が青森県弘前市とのことで、ちょうどお盆休みで帰省されていたらしい。
弘前から酸ヶ湯までは1時間もかからない距離らしい。

旅先で出会う懐かしい友! こんな嬉しいサプライズはありませんo(^▽^)o
撤収の手を止めて、しばらくの間お二人と楽しくお話しさせていただきました。

今回のコンセプトは「行き当たりばったり」の私。
この日の夜は仙台のビジホを予約してたんだけど、そこまでの経路はノープランだと言うことを伝えるとheizoさんが「ほんじゃ、蕪島に行ったら?」とアドバイスしてくれました。なんでも、ウミネコがたくさんいる神社らしいけど、mayさんがおっしゃるには「カブの聖地」でもあるらしい。
ゴールデンウィークに「カブの聖地」と呼ばれる見近島でキャンプしたけど、東にも同じ「聖地」と呼ばれる場所があるのであれば、是非とも行かねばなるまい!

こうなったら



蕪島から国道45号線をひたすら南下して仙台まで行くか!!(≧∇≦)
「リアス式海岸満喫ツーリング」だね!(≧∇≦)

・・・と、簡単に決めた私。
後々、これが綺麗に裏目にでる。(~_~;)

酸ヶ湯キャンプ場でチーム根無草のお二人とお別れしたら、まずは八戸に向かってレッツゴー!
八戸と言えば一部の変態ライダーの間で有名な「ラーメンファクトリーのすけ」!
ここでラーメンをいただいてから今日の旅は始まる。

意気揚々と走り出したものの、時刻はまだ午前9時過ぎ。のすけさんが開店するのは午前11時とのことなので、ちょっと早い。

それならばとちょっと寄り道。
向かったのは我が国が誇る空の最前線 航空自衛隊 三沢基地。
って言ってもその外れにあるゲートの前で守衛さんに睨まれたので、すぐに退散してきただけ(^_^;)
その隣にはアメリカ軍のMisawa Baseのゲートもあったので、ちょっと寄り道してこちらも緊張感を高めてやったぜ(≧∇≦)

さて。

特に見るべきものもなく。
写真も撮らずに八戸へ。

三沢基地から30分あまりで、八戸のスーパー「三春屋」に到着。
ここの5階に



待望の「RFのすけ」を発見! でもまだ閉店・・・

ひょっとしてお盆休み?! という不安を抱えながらお店の中の様子を伺ってみると、どうやら開店準備中らしい(^_^;)

ほっと胸をなで下ろして、お店の前で待つこと10分ほどで開店!



綺麗に掃除されたお店に座って「どの人がのすけさんかなぁ?」なんてジロジロと見回すも、開店直後でどなたも忙しそう。
何はともあれいただきましょう! ってなわけで



いただいたのは「つけのすけ 黒」と「角煮丼」o(^▽^)o

ことつけ麺に関しては、大阪でたくさんたくさん美味しいお店を教えていただき食べ歩いている私。
そんな私の舌は、少々のつけ麺では誤魔化されないぞ!

な~んて構えていたワケでもないんだけど・・・
いただいた「つけのすけ」は絶品!(≧∇≦)
コシのある麺と濃いめのつけ汁がよく合っていて、結構なボリュームなのにあっという間に完食してしまいました~(^O^)/

「いやぁ~、大阪から来た甲斐がありました!」とか声をかけようとしたけど、ちょうどそのタイミングで新しいお客さんが入られたので、大きな声で「ごちそうさまでした~!」とお礼を言ってお店を後にしました~o(^▽^)o



さて。

予てからの憧れだった「RFのすけ」のつけ麺をいただいて大満足の私。ご機嫌でアドベンチャーにまたがり、そこからすぐ近くの



蕪島へ。
ウミネコ繁殖地らしく、周りには



たくさんのウミネコが



ニャーニャーとうるさいくらい(^_^;)



蕪島神社の鳥居をくぐり、階段を上っていく途中には



こんな表示が。
数年前、確かに起こったあの悲劇を忘れてはいけないね。

蕪島から国道45号線をトコトコと南下。
途中にある



道の駅 のだで、mayさんオススメの



塩ソフトをいただきました~o(^▽^)o

しかし、順調だったのはこの辺りまで・・・
もうしばらく行くと



前方には黒い雲が広がり、やがて豪雨となりました・・・(~_~;)
(雨の中ではiPhoneもカメラも使えないので、写真はありません・・・)

ようやく小降りになったのは



井上ひさしの小説で有名な「吉里吉里」のあたり。

どんよりとした天気の中、時折激しく降る雨に耐えながらひたすら南を目指す。
「なんで高速を使わなかったんだろう・・・?」と自問自答しながら



大船渡や釜石方面へと走る。
この辺りから徐々に



震災の爪痕が色濃く見えてくる。



大阪のオフィスビルの15階にいた私。
それでも大きな揺れを感じて、初めて本気で机の下に潜り込んだあの日。



ここではあの日から時間が止まったように、未だに傷跡が深く深く刻まれていました。



後に「奇跡の一本松」なんて呼ばれた松の木。初めは変な商売臭さを感じて違和感を感じてたんだけど、あの何もなくなった町を見てしまうと本当に「奇跡」を感じてしまう。そしてそんなものにもすがって、なんとか立ち上がろうとする被災地の皆さんの気持ちが伝わってきて・・・
せめてもの気持ちとして、ここでお土産のストラップを買いました。





この時点で時刻は17時過ぎ。
ホテルのチェックイン予定の時間だったけど、仙台まではまだ200km以上残っている。
「ちょっと遅れます」とホテルに連絡したら、今度は内陸を走る東北自動車道を目指して山の中へ。

さぁ、ここからがクライマックス!
ますます激しさを増す豪雨!
迫る夜の闇!
ヘルメットのシールドにはスモークが!!
あぁ、前が見えない!
でも、豪雨でシールドが開けられない!

という状態で1時間以上も山道を走って、ようやく東北自動車道の一関インターまでたどり着いた私。

煌々と照明に照らされた高速道路を見て安堵のため息を漏らす。(もう、声も出ません・・・)

そこから高速に乗って一路仙台へ。
雨も小降りになり、快調に進んだのも束の間・・・

この日一番の豪雨がこのタイミングで登場~!

境い目がはっきりとわかるくらいの「雨のカーテン」の中へ時速100km/hを超えるスピードで突っ込んでいく私。
一瞬にして視界がゼロになり、軽くパニック。

「はっはっは! どどどどどうしよう~!」

その時。
奇跡的に一つの解決策が閃いた!

「そうだ! スピードを落とせばいいんだ!」

とは言え、視界数メートルの豪雨。高速道路の追い越し車線。急ブレーキをかけでもしたら、後ろから車に突っ込まれるのは目に見えている。

周囲に自動車のライトが見えない事を確認し、ハザードランプを点滅させながら走行車線に車線変更。徐々にスピードを落としていって、ようやく落ち着く事ができた。

今思うと、この時ほど怖い思いをした事はなかった。やはり、雨の夜はバイクに乗ってはダメだね。ましてや高速道路なんて・・・(~_~;)


そんな風にして命からがら仙台のホテルに到着。
「バイク置き場はどこですか?」と尋ねると、無愛想なバイトの兄ちゃんが「ここはもういっぱいなんで、向かいのヨドバシカメラの駐輪場にでも置いといて」だって。予約の際にバイク置き場を確保しといてもらえると伺っていたのに「でもいっぱいなんで」とフロントに確認する素振りも見せない。

大雨の中を長時間走ってヘトヘトになってなければ、もう少し面白い展開が期待できたんだけど、この日はさすがにギブアップ。大人しくヨドバシカメラの「有料」駐輪場にアドベンチャーを停め、「明日の朝、盗まれてたらどうしよう・・・」という不安な気持ちを胸にチェックイン。

部屋に入って荷物を下ろし、濡れた靴やレインウェアを脱いでバスルームに入ろうとしたら



鍵がかかっている・・・(~_~;)

誰かが入っているのか、何かの嫌がらせか・・・?
よく見るとノブの下にコインで回して解錠することができるタイプだったので、中に可愛い女の子が潜んでいることを期待して開けてみると・・・

やっぱり誰もいませんでした・・・

乾いた笑いを浮かべながらシャワーを浴びサッパリしたら、お腹がペコペコなのを思い出した。
しかしもう歩き回る元気も残ってないので、この日はホテルの1階にあった



牛タン専門店へ。
奇しくも行きたかったお店がホテルの1階にあるとは・・・神様も粋なことするね!



炭火で焼かれる牛タンが見えるカウンター席で



まずは一杯。
もうね。「あれ?仙台のビールはアルコール度数が高いのか?」って思うくらい、最初の一口でクラクラっときましたよ(^_^;)



厚切りの牛タン。 言うまでもなく美味。



温かいタンシチュー。
豪雨の中を走り続けた身体に染み渡るような温かさでしたo(^▽^)o

その後、生ビールをもう1杯飲んで部屋に戻り、そのままベッドに倒れこんで・・・


雷と豪雨の中を泣きながら走る悪夢を見ながら眠りました・・・(~_~;)














そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ





 

みちのく一人旅 ~霧の八幡平から酸ヶ湯へ~

盛岡のビジネスホテルで一泊し



朝からしっかりと朝食をいただいてホテルを出たのが午前7時過ぎ。

雲が広がっているものの、ところどころに青空がのぞいていて、何より涼しい!
そんな中、ご機嫌で走り出し、まず向かったのは



以前から走りたかった八幡平アスピーテライン!
本当はこの看板を前に「樹海ライン」を行くか「アスピーテライン」を行くか迷ったんだけどね(^_^;)

結局、



当初の希望通り、アスピーテラインを選択!
交通量の少ない気持ちの良い道をご機嫌で走るo(^▽^)o



恐竜の脊椎の中を走っているようなスノーシェッド。(いや、恐竜の脊椎なんてどんなか知らないけどね・・・)



・・・おいおい。マジか?!
追いかけられたらオラの本気の走りを見せてやるだ!(≧∇≦)



八幡平の頂上が近づくにつれ、霧が立ち込めてきた。



とうとうこんな状態に・・・
でも、雨は降ってなくて助かった(^_^;)

そしてアスピーテラインを越えて



国道341号線をさらに北へ。

途中



鹿角の道の駅で休憩。
ここは



秋田名物「きりたんぽ」の発祥の地らしい。
そこで私も



まるで怪獣のような名前の売店で



きりたんぽをゲット!

駐車場で積み込んでいると



こんなバイクが隣に!
BMWワークスカラーの綺麗なR1100S!
実は盛岡市内を走っているときにたまたま前を走っておられて、信号待ちの時に「カッコイイですね!」と話しかけていたのよ。



後ろから見てた時は、ホンダのCBRとかかな?と思ってたんだけど、横に並んだ時にボクサーエンジンが目に入って思わず声をかけちゃいました(^_^;)

愛知県から来られたというこの方としばらくの間、楽しくお話しをさせていただき、「じゃ!お気をつけて~!」とお別れして十和田湖方面へ。

走ること1時間足らずで



十和田湖に到着~!

はるか昔。
私の婆ちゃんが、町内会旅行のお土産に十和田湖のキーホルダーをくれたっけ。
婆ちゃんもキーホルダーもとっくになくなったけどね(^_^;)



綺麗で穏やかな湖面。



有名な(?)「乙女の像」。
婆ちゃんもこれを見たのかなぁ・・・

な~んて感慨にふけること数秒。
今の私にゃあ



こっちの方が魅力!(≧∇≦)

そして、夏の北海道ではド定番だった



トウキビもゲット!(≧∇≦)

穏やかな湖面を眺めながらの~んびりと食べていると、髪の長い可愛い女の子に声をかけられた。
「写真を撮ってもらえないか?」(片言)

あぁ、わざわざ海外から来てくれたんだね。
快く引き受けて、その子のカメラで写真を撮ってあげると・・・
我も我もと中国の団体さんに囲まれてしまった(^_^;)

皆さんの写真を撮り終えたらとっととオサラバ。
駐車場に停めたアドベンチャーの写真を撮る中国の団体さんを「覇王色の覇気」で蹴散らしながらなんとか脱出成功・・・(~_~;)

そこからは、涼しい「奥入瀬渓流」沿いに八甲田山を目指す。





観光バスや乗用車が所構わず駐車してある奥入瀬渓流沿いを、のんびりトコトコと走り抜け



奥入瀬渓流館とやらで一休み。
そこからは八甲田山の麓を抜けて



酸ヶ湯温泉まで一直線。
時刻はとうにお昼を回っていたので



ここでお昼ご飯。
「酸ヶ湯蕎麦」「生姜味噌おでん」「りんごのサイダー」という名物フルコースで満腹~o(^▽^)o

そこからすぐにある



酸ヶ湯キャンプ場にチェックインして



サクサクッと設営を終えたら、夕飯の買い出しに出発~!

とはいえ、酸ヶ湯温泉の周りにはスーパーもコンビニもないので青森市街まで行かなくてはならない。
酸ヶ湯から青森へと続く国道103号線は通称「八甲田ゴールドライン」というらしい。
これが最高の快走路で、交通量もほとんどない。
意味もなく2往復して走り回る47歳。

青森市街のスーパーで食材を買い込み



酸ヶ湯キャンプ場に戻ったらまずお風呂へ。

以前のブログにも書いたけど、大きな混浴風呂で目玉をギラギラさせた若い兄ちゃんがウロウロしてて、非常に見苦しかった。
てか、メガネを外してたので良く見えなかったけどね(^_^;)

サッパリしたところでキャンプ場に戻りいよいよディナータイム♪



まずは風呂上がりのビール!



侮ることなかれ。
小岩井農場で買ったソーセージに、食べ損ねた米沢牛!
う~ん、デリシャス!(≧∇≦)



デザートはまたもやスイカとパイン(^_^;)

そんなメニューでひとり宴会を楽しんでいると



日も西に傾いてきた。
薄暗くなったら



こいつを灯してのんびりと炎をみつめながらゆっくり飲む。

やがて星空が広がって・・・



眠くなったらオヤスミナサイ・・・(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ
















そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ




 

みちのく一人旅 ~ここをキャンプ地とする!~

大内ダムにて



ていじんさん達とお別れして。
いよいよ「みちのく一人旅」の始まり~♪( ´θ`)ノ



青い空にぽっかりと浮かぶ白い雲を見ながらのんびりと北へ向かい



たどり着いたのは喜多方ラーメンのお店「まこと食堂」!
大内宿にご一緒させていただいた皆さんが口を揃えて「オススメ!」とおっしゃるこのお店。
やはり



なかなかの人気店。
待つこと20分ほど。通された広い和室に腰を下ろし



数あるメニューの中からいただいたのは



チャーシュー麺o(^▽^)o

あっさりとしたスープで夏場に持ってこいって感じ。美味しゅうございました~!

大内宿で蕎麦やイワナを食べ、さらにチャーシュー麺・・・
さすがの私もお腹いっぱい(^_^;)
なので



スーパーで買い出しをしたら、とっととキャンプ場へ行ってゆっくりしようという作戦へ。

この日の宿は福島県会津若松の猪苗代湖のさらに北にある



桧原湖の北端「早稲沢浜キャンプ場」。
ていじんさんご一家がファミキャンに訪れるというこのキャンプ場。



桧原湖畔に広がる森の中がテントサイト。
てなわけで、「ここをキャンプ地とする!」



テントもコットもワンタッチなので、わずか数分で設営を完了したら、お散歩がてらお風呂へ。



案内板を見て



綺麗な水の流れる水路沿いに歩くこと数分で



到着~(^O^)/



喫茶店の方は開店休業中みたい(^_^;)

受付で500円を払いお風呂へ。



これが思った以上に立派なヒノキ(?)風呂!
ただしほぼ熱湯!(≧∇≦)

「猫肌」の私は湯船には入ることができず、シャワーだけで出てきました・・・(~_~;)

それでもサッパリと汗を流し



ヒグラシの声を聞きながら涼しい湖畔の風を受けてテントへ。



濡れたタオルをアドベンチャーに引っ掛けて乾かしながら一休みしたら



晩御飯。
冷たいビールをプシュ!と空けて、地元のお肉を焼いて食べる。デザートはカットスイカ!
ほとんどお腹の空いていない私。この日の夕食は軽めに済ませて、ビールばっか飲んでました~(^_^;)







明けて翌朝。

短パン&Tシャツ姿でシュラフの上に寝ていた私。
ふと、寒くて目が覚めました(^_^;)



朝ごはんはカットパイン(^_^;)
これをつまみながらサクサクッと撤収し、ふと温度計を見れば



16.0度。
なるほど。寒いわけだ。

さわかやな空気の中、上機嫌で走り出しwonderboyさんにオススメいただいた県道2号線(なんとかライン?)を北へ。



真っ青な空の下



山形県に突入~(^O^)/
米沢牛には目もくれず、国道13号線を天童からさらに北上。

秋田に入ったところで道端にあるものを見つけてUターン。
それは



これ。
秋田名物「ババヘラアイス」!



その名の通り「ババ」様が「ヘラ」を使って



花のように盛り付けてくれるアイスでした~(^O^)/

クールダウンしたところでまた走り出し



岩手県の小岩井農場に着いたのはお昼過ぎ。
今日のお昼はここでジンギスカンでもいただこうという作戦。

しかし。



一大テーマパークといった装いのココは、夏休みということもあってもんのすごい人!
レストランなんてとても入れたもんではなく、ジンギスカンをあきらめて



ジェラートと



牛乳で飢えをしのぎました~(~_~;)

あまりの人の多さに圧倒された私は、小一時間で退散~(^_^;)
こここら1時間弱の距離にある



乳頭温泉郷へ。



東北地方の温泉って、なんだかどこも立派だねぇ。
何はともあれ



「乳頭温泉で入湯~!」(これだけが言いたかった)

サッパリしたところでそろそろ本日のお宿へ。
この日の宿は盛岡市内の



ビジネスホテル。
チェックインしたら早速



お洗濯。
終わるまでの間、クーラーをガンガンに効かせた



お部屋で休憩。(あぁ、文明って素晴らしい!)

洗濯が終わったらそろそろ晩御飯。
思えばこの日はアイスとジェラートと牛乳しか食べてない(^_^;)
てなわけで、ホテルの近くにあった居酒屋さんで



まずは一杯o(^▽^)o

そして、すっかり調子に乗って



たくさん注文した結果・・・


食後の〆に思っていた盛岡冷麺を食べることができませんでした・・・(~_~;)

ジョッキ3杯のビールで上機嫌になった私。夜になってやや冷たくなった夜風に吹かれながら



盛岡の街を



フラフラと散策し、1時間ほど歩いてホテルに辿り着き・・・




その日は早くに眠りましたとさ。











そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ











 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。