スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ランタンリベンジ・・・しかし

今週末。土曜日は良い天気~。
   
しかし。目が覚めたのは朝の9時過ぎ・・・
遠出するには遅い時間で、「どうしようかなぁ~」
    
じっとしてても始まらないので、とにかくバイクにまたがって、とりあえずは山の方に向かってのんびりと走り出し・・・
   
たどり着いたのは
       

   
道の駅「ガレリア亀岡」。
   
この時点で時刻はとっくにお昼を回っていたため、何はともあれ腹ごしらえ。
   
いただいたのは
   

   
「亀岡牛食べ比べセット」(1300円)。
   

   
亀岡牛というらしいブランド牛の3種類の部位が食べ比べできる。
    
・・・ちょっとずつだけどね(^_^;)
   
   
お腹が膨れたところで、またフラフラと走り出し・・・
   

   

   

   
縄文カフェ「まだま村」に到着。
その名の通り、縄文時代の竪穴式住居のようなお店の中は
   

   

   
雰囲気満点。
薄暗くてたったかい店内。 なんだかホッとする、落ち着いた雰囲気の中でいただいたのは
   

   
「黒豆コーヒー」(600円)。
   
丹波黒豆とコーヒーをブレンドした、香ばしいコーヒー。
ゆっくり時間をかけていただきました~(・ω・)
    
   
  
明けて本日。
   
   
午前中はお天気も良いみたいなので、先週の宿題を片付けよう。
   

   
こいつね。
   
まずは
  

   
せっせとポンピングして
   

   
タンク内の圧力を規定値まで上げる。
   
すると・・・ 
   

   
調整バルブの付け根から空気漏れを発見。
さらに
   

   
予熱バルブの付近からもかすかな空気漏れを検出。
   
どおりで、ものの1分もたたずに
   

   
圧力が下がるワケだ(^_^;)
   
なので
   

   
先週取り付けたラジエターを外して
   

   
どんどん外して
   

   
すっかりバラしたら、各部を増し締めして、再び組み上げる。
   

  
ポンピングして圧力を規定値まで上げてしばらく様子を見る。
   
約5分間経っても圧力計の位置は変わらず。
どうやら空気漏れは治ったみたい。
   
それではいよいよ、補助エンジン点火!
   

   
ゴォー! という音と共に、補助エンジンならぬ予熱器から勢いよく炎が上がる。
先週は圧力がスグに抜けちゃったのでダメだったのね。
   
このまま予熱すること2分余り。
   
「波動エンジン内、圧力上昇」
「エネルギー充填、120%」
「ターゲットスコープ、オープン」
「電影クロスゲージ、明度20」
「総員、対ショック、対閃光防御」
   
一連のプロセスを経て、メインバルブを一気に点火位置へ。
   
   
   
   

   
ドッファ~!
   

   
ゴォー!
  
   
これはあれだね。
      

   
炎上ってやつだね。
   
   
   
ペトロマックスの炎上の原因は十中八九、予熱不足だそうな。
結構な勢いでまる2分以上も予熱したはずなんだけど、思えばラジエター仕様にしてあるため、ガラスのホヤは外してある。そのため、内部は風に吹きさらしのため、いつもより長めに予熱が必要だったのかも?
   
よし。
まずはメシを食って、覚めてからもう一度、点火を試みよう・・・と、思ってたら、雨が降ってきた(・ω・)
   
   
ちーん・・・
   
   
てなわけで、未だにきちんと点火しない我がペトロマックス。
でも、大丈夫!
   
来週は和歌山の川湯温泉でキャンプだ!
   
そしてそこには、我が愛する蒼海にいちゃんもやって来る!
   
助けて~!
蒼海さ~ん!!!
    
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ





 
スポンサーサイト

夏装備

私の夏の制服と言えば
  

   
空調服~♫
今年、ニューカラーを購入しました~( ^ω^ )
   
しかし、この空調服。
ご存知の通り、ペラッペラ(^_^;)
   
そりゃそうだ。   本来は作業服であって、バイク用のジャケットじゃないからね(^_^;)
   
なので私は空調服の下にエルボープロテクターを付けてバイクに乗ってます。その方が空気が流れるので涼しいしね。
   
しかし。
   
バイク事故による死亡原因の多くは「胸部打撲」だそうな。よんどころなき事情により、胸部プロテクターは持っていない私。(でっかいサイズが売ってないだけだけどね)
   
はい。
   
またもや長い前置きにお付き合いいただき、ありがとうございました。
   
今回、購入したのは
   

   
これ。
定番の「エアバッグジャケット」。
   

   こんなの。
   
エンデューロタイプのロングジャケットで
    

   
メッシュ生地。
   

   
もしもの時は守ってくれるかな?
   
以前もエアバッグジャケットは持っていたんだけど、BMWのオフロードスーツを買ったので、秋冬用はヤフオクで売ってしまった。
変わって今回、夏用のメッシュジャケットを購入したというワケ。
   
嬉しくて、家のなかで着てみた感想は・・・
風が無かったら普通に暑い!!
バイクで走って初めてメッシュの効果が実感できると信じたい!(^_^;)
   
この夏は四国や信州を走ろうかと計画中。
このメッシュジャケットが活躍してくれるのも、もうすぐだ!( ^ω^ )
   
   
   
【エアモニターの続き】
前回ご紹介した「エアモニ」の続報。
   

   
取り付け時、前輪・2.2Bar、後輪・2.6Barに調整して、翌朝に確認したところ
   

   
それぞれ0.1Barずつ上昇。これは気温の上昇によるものかな?
  
ちなみに写真はないけど、高速道路走行中にはそれぞれ2.5、2.9Barに上がってた。
   
そんで、家に帰ってまた測ってみたら
   

  
やっぱり2.3、2.7Barに。
念のため、エーモンのエアゲージで測ってみても、全く同じ値でした。
   
結論としては、かなり正確かつ細かく空気圧を計測してくれる。なかなか便利なモニターといえる。
   
そしてもう一つは・・・
   
チョロチョロと空気漏れしてたハズなんだけど・・・治ったのか?!

 

ちょんまげ

先日、新旧交代を果たして我が家にやってきた





スバル レヴォーグ 1.6GT-S Proudedition。

いままでのジープくんとはガラリと変わって





車高の低いステーションワゴン。

納車されてすぐに





フォグランプをLEDに交換したり





細々としたアクセサリーを付けたりしてました(^_^;)

そして今日は朝からひとっ走りして、三重県の鈴鹿市にあるショップまで。


伺ったのは谷川屋というお店。

ここはTHULEというスウェーデンの有名な自動車用品メーカーの商品を中心に販売・取り付けをしてくれるお店。

ちょっと欲しい商品があったため、いつものようにネットでいろいろと調べていたら、Amazonの販売価格よりも安くて、取り付けまでやってくれるこのお店を発見。
レヴォーグくんの納車前から予約して、本日ようやく伺うことができました。

てなわけで朝早く大阪の自宅を出発し、鈴鹿のお店に到着したのは午前10時ちょうど。

すでに準備をしてくれていたので、手続きを済ませたら早速取り付け。





頭の上に何やら小さな角を付ける。





こんな感じ。

それから





前後にこんな棒を取り付けたら





土台は完成。

そして





ビニールを剥がして





頭の上に乗っけたら





完成~。

後ろから見ると





こんな感じ。

今回取り付けてもらったのは、THULEのウイングバーエッジというルーフキャリアとダイナミック800というルーフボックス。(THULEのルーフボックスは「ジェットバッグ」と呼ぶらしいけど)

キャリアやボックスの取り付けぐらいなら自分でもできるけど、大量のゴミ(梱包材)の始末が面倒なのとレヴォーグくんではまだ長距離を走ったことがなかったので、わざわざ鈴鹿までやってきたというしだい(^_^;)

おかげさまで帰りにはやっと





走行距離1000kmに到達しました~!(≧∇≦)

まだ慣らし運転中なので、アクセルの踏み込みは優しく優しく。その結果、平均燃費はリッター12km超え。
ジープくんの倍近く走ってくれる優等生。


これからしばらく。


この「ちょんまげ付き」のレヴォーグで日本中を走り回りたいと思います。




見かけたら・・・





なんかくれ(≧∇≦)



















 

ビミョ~な色

昨日のこと。

朝一で届いた



ペトロマックスと闘っている最中に、もう一つ届いたものが。




これ。

箱に書いてあるように、中身は



こんなの。




アライのジェット型ヘルメット



CT-Z。

ご覧のように、ジェット型ヘルメットにオフメットのようなバイザーが付いたもの。
以前、近所のバイク用品店で見つけて欲しかったんだけど、値段が高くて手が出なかったのよ。

それがいつものAmazonで



34%オフの3万円切り。
思わずポチッとやってしまった(~_~;)

選んだのは「グラスマルーン」という、真紅のメタリックな色なんだけど・・・

写真では黒かこげ茶色にしか見えない・・・

明るい陽の下で見れば綺麗なんだけどね(^_^;)



いい天気なので早速こいつを被って走りに行こうかと思ったら、あどべんちゃんはバッテリーが昇天しててピクリともせず・・・(~_~;)
充電器につなぐも、バイク側に取り付けてある端子がサビててまったく充電せず・・・(~_~;)

サビ取り&接点復活剤を買いにいかなくちゃと思ったけど、ここでもうめんどくさくなってバイクに乗るのはやんぴ。
会社帰りにでも買ってきて塗ってやろう。


そんなわけで新しく購入したヘルメットはまだ初出動してないけど、春はもうすぐ。
こいつを被って久しぶりに遠くに走りに行きたいね!




 

期待を裏切らない男

かなり前。

ポチッとやった商品が



ようやく届いた。

中身は




ペトロマックス HK-500。

実は最初に注文したお店は在庫も再入荷の見込みもなかったらしく、ポチッた3日後にショップの方からいきなりキャンセル・・・

呆然としながらも他のお店を探してポチッとやるも、同じように「在庫切れ・入荷時期未定」で一方的にキャンセルされること3回・・・(~_~;)

ようやく見つけた「秀岳荘ネットショップ」というお店で買うことができました(^_^;)


それでは早速開けてみましょう。



選んだのは「ブラス」という真鍮製の金ピカ。

付属の日本語説明書に沿って、まずは



フタを開けて



輸送用に付いてるピンクのリングを外す。

次に



ホヤの中に入ってるマントルを取り出して



ガラス製のホヤも外す。

先ほどのマントルを指で広げて



セラミック製のノズルにかぶせて糸でくくる。



こんな感じ。

次に



圧力ゲージ付きのキャップを外して



ガソリンスタンドで買ってきた灯油を注入。

説明書にはこの時、「7分目までだよ?入れ過ぎるとダメだよ?」って書いてあるんだけど、燃料ゲージも何も無いので、どこまで入れたらいいのかわからない。
そのため、ちょっとずつ入れたらジョウゴを外して中を覗き込み、またちょっとずつ入れたら中を覗き込みの繰り返し(^_^;)
タンク容量は1リットルなので、100均で計量カップを買ってこなくちゃ(^_^;)

燃料が入ったら、各部をしっかりと締めてポンピング開始。



圧力ゲージの針が少しずつ上がってきて、赤いガイドラインのところに来るまでに要したポンピング回数はちょうど200回。これは入れた灯油の量が少なかったからだね(^_^;)

続いて



余熱用のカップにアルコールを入れる。
そしてホヤを取り付けたら



安全のために庭のウッドデッキに移動。



カップのアルコールにマッチで火をつけ



余熱スタート。

いい感じに



マントルも焼けてきた。

説明書にはここで「90秒以上余熱してね」って書いてあるんだけど、そんなケチなこと言わずにカップのアルコールがなくなるまでたっぷり3分余り。

こんだけやれば大丈夫。
満を持して初点火~!























はい。


みなさまのご期待に応えて大炎上・・・(~_~;)


「うん。我ながらお約束だねぇ」と、しばらく自虐的な笑みを浮かべながら見守ってから圧力を抜いて消火。



届いて1時間も経たずに、一気に年季の入ったお姿に・・・(~_~;)


こうなったらもう、アルコール余熱なんてやってらんない!
付属の余熱機で



ゴォォォォォォ!

時計を見ながら待つこと2分。




マントルも赤くなってきたところで一気にバルブオープン!






炎も上がることなく無事に点火!

・・・初めから余熱機を使えば良かった・・・(~_~;)

点火してみると「シュ~」という音が思ったより大きかったけど、その明るさはかなりのもの。

試しに



暗いとこで確かめてみたけど、なかなかいい感じ(≧∇≦)


おっと!
余熱機を使ったために下がった圧力を



戻しておかないとね( ^ω^ )




そんなわけで、お約束の「炎上」を経て、ようやく点火したペトロマックス。
次のキャンプはいつになるか。




楽しみだねぇ~( ^ω^ )










 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。