スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

(今度こそ)いざ! 富士山へ!

ラフォーレ修善寺での楽しい一夜を過ごした我々。
IMG_2947_convert_20110929232156.jpg
前日の夜、コンビニで買った朝ごはんを食べたら、ここで解散。
ある人はご夫婦で伊豆界隈をのんびりと。
ある人は富士の裾野をめざしてかっとんで行き。
そして我々は「駿河湾越しに見える富士山」を求めて、伊豆半島の西端を目指して出発した。

走ること1時間弱。晴天の下、期待した通りの
IMG_0439_convert_20110929223044.jpg
雄大な「駿河湾越しの富士山」を見ることができた。
当初は伊豆スカイラインから箱根スカイライン、芦ノ湖スカイラインを通って富士スカイラインという「スカイライン数珠繋ぎ 満腹コース」を行く予定だったのだが、晴天に恵まれた3連休ということで、おそらく大渋滞であろうという予測のもと、急遽コースを変更したのである。
それにしても、本当にきれいで雄大な富士山だった・・・。

そこからは、2日目の宿泊場所となる「本栖湖・洪庵キャンプ場」へと向かう。
途中、富士宮市のイオンで夕食の食材をバカみたいにたくさん買い込んだ後、地元・富士宮にご実家があるというなべさんの案内で一路、本栖湖へと向かった。
本栖湖に着いたのは午後3時30分頃。
IMG_0452_convert_20110929223159.jpg
雲の切れ間から、これまたきれいな富士山が見えた。
本栖湖と言えば
IMG_2960_convert_20110929232259.jpg
1000円札の裏(?)にここからの眺めがデザインされているということで有名だね。

さて、受付で手続きをしていると、係員の人が「今日はいっぱいなので、テント6張りが張れるかわかりませんよ?」と忠告してくれた。ところがどっこいテレツクテン。我が軍の諜報機関の報告によると、京都のKachiさんが2日も前から場所取りに来てくれているとか(笑) しかも、この時間ならていじんさんや蒼海さんも到着されているハズ。彼ら「第1次遊撃隊」なら必ず我が国土を確保してくれているに違いない!そう信じていた私は係員の人に「知り合いが場所を確保してくれているハズなので大丈夫です!」と言い切って受付を後にした。

テントサイトまでの急な坂道を下ると、左手にバイク置き場が見えた。その中の1台に見覚えのある男性が!
「ていじんさ~ん!」久しぶりの再開がうれしくて、思わず手を振りながら叫んでしまった43歳。

車を停めて、改めて再開を喜んだ我々。その後、ていじんさんの案内で「我が国の領土」を視察に向かった。
IMG_2972_convert_20110929232608.jpg
木立を抜けて目の前に本栖湖と富士山が広がる超一等地に領土が確保されていた。さすが「第1次遊撃隊」。あっぱれな働きである(笑)
領土の中央には目印の
IMG_2963_convert_20110929232349.jpg
「ザ・ロゴス」のタープ(笑)
しかし良く見ると
IMG_2961_convert_20110929232433.jpg
ていじんさん手作りの「ウェルカムボード」が!

いや、コレね。本気でうれしかった。正直ね、ちょっとウルッとくるくらい・・・。
ついこないだまでは顔も名前も知らなかった人が、バイクという共通の趣味を通じて知り合い、茨城⇔大阪間約700kmの距離を越えて再開できたんですよ!(今年に入って3回も!) しかも「勧迎」なんてわざわざ手作りで・・・(泣)
あんまりうれしかったので、このウェルカムボードは記念に持って帰りました。そして家族にこの感動を伝えたですよ!そしたらウチの娘がですね 「かんげいの歓の字が間違ってる」なんて抜かしよりました!
もうね! お父さんはね! お父さんはね・・・!  言葉が出ませんでした・・・。

そんな感動の再開もひと段落し。各々のテントを設営して、お風呂に入ったらしばらくはまったりと・・・なんてしてられない! 何かに憑りつかれたかのように調理開始!
いまやキャンプ料理の定番ともなった(?)「豚汁」に始まり、「焼き鳥」や「ポークステーキ」。ななかげさんは「大根カレー」。”キャンプ料理の鉄人”にゃんこさんは「肉じゃが」に「かぼちゃの煮物」。富士宮市出身のなべさんは「富士宮やきそば」に「焼きとうもろこし」。溢れるほどの食材の数々と関西パワーに、ていじんさん、蒼海さん、Kachiさん、トモ松さん、タイガー乗りのteam根無草ご夫婦も圧倒されておられたご様子(笑) でも、意外だったのは、飯盒で炊いたごはんに「ワサビ塩」をかけて食べるシンプルメニュー。これがなかなか好評で、翌日に行った富士山の売店で同じ「ワサビ塩」を見つけたKachiさんは即効で購入されてました(笑)

そんなこんなで楽しい夜宴もフィナーレ。みなそれぞれのテントに戻って静かな眠りに着いたのでした・・・。



【次回予告】
楽しい宴から一夜明け、一路西へと向かう一行。だがその前に、日本一の富士山を攻略すべく、富士スカイラインを目指して出発! 果たして富士山は我々を暖かく迎えてくれるのだろうか? 次回、感動の最終回2時間スペシャル! 乞うご期待!
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします!
にほんブログ村 バイクブログへ
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。