CAMPの日

日曜日の今日は朝から大阪の会社へ。
   

   
こんな見晴らしのいいオフィスで日曜日に何をするかと言えば
   

   
CAMP(Children's Art Museum & Park)という、うちの会社のCSR(社会貢献)活動。
   
今回は「のぞきみ探検隊ワークショップ」のファシリテーターを務めます。
   
あるテーマに沿った空想世界を
    

   
こんなダンボール箱の中に作って、箱に開けたちいさな穴から「のぞき見」するという、小学校低学年向けのワークショップ。
    
子供達の大好きな
   

   
いろんな「素材」を自由に組み合わせて、自分達の考えた空想世界をダンボール箱の中に作り上げ、最後は全員で発表してもらうというワークショップです。
   
朝の9時に集合してリハーサルや打ち合わせを重ね、お昼過ぎから子供達のお出迎え。今回は抽選で選ばれた20人の子供達が主役です。
   
自由気ままに飛び回りたい年頃の子供達を8人のファシリテーターがなんとかコントロールして、いつもながら大人の想像をはるかに超える素晴らしい作品を作り上げたのが午後3時過ぎ。そこから発表会に向けた役割分担やリハーサルをしてもらい、1チーム4人、計5チームから発表をしてもらったら、本日のワークショップはおしまい。
   
「えーっ! もう、こんな時間?!」
と叫ぶ男の子の声に
「楽しいから、あっという間や!」と嬉しいことを言ってくれる女の子。
   
   
そんなみんなとお別れしたら、後片付けをしてファシリテーターの反省会。
大人はみんな「いやぁ~、今日は疲れた!」と言いながらも、予想以上に充実したワークショップと子供達の満面の笑みのおかげで大満足でした(o^^o)
    
   
2010年にファシリテーターの資格を得て、気がつけばもう10回をはるかに超える回数のファシリテーターを務めました。
  
おかげさまで新聞社に表彰されたり、いろんな人から「大変だろうに、すごいですね!」なんて褒められたり(?)したりもしますが、「子供達の笑顔」というお金には代えられない最高の「報酬」をもらっているので、ありがたいような申し訳ないような(^_^;)
   
なのでいつも、ファシリテーターを務める時は子供達に負けないテンションで全力を尽くします(o^^o)
   
   
反省会が終わったのは午後8時過ぎ。それでもみんな、なかなか席を立とうとしないのは、疲れ切っているだけではないでしょう。
今日一日の充実した時間の余韻に浸っていたいからに違いありません。
   
もちろん
   
   
私のように、ほんまにヘトヘトで立ち上がるのが億劫になってた人もいたでしょうけどね(^_^;)
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ

































 
スポンサーサイト