もっと光を~!

今月の1日に入院し、翌2日に手術。
まるまる2週間の寝たきり生活を終え、先日はついに抜針&抜糸も完了した。

「ありゃ? 後はもう、退院するだけちゃう?」
なんて期待していたら、「まだ皮膚が全然できてないので、退院はまだ先の話ですねぇ」とスパルタン先生・・・。
スパルタン先生なら、「皮膚らしきもの」ができ始めた段階で「もう、退院しちゃいましょか!」と言ってもおかしくないので、まだ当分、入院生活が続きそうだ(~_~;)

そんな私の病室は4人部屋。
これまでにもたくさんの患者さんが入れ替わり立ち替わり入ってこられたけど、現在は



半分のベッドが空いている。
つまり、この部屋にいるのは私と「ふにゃふにゃさん」の2人だけ。

私のベッドは廊下側で、



一日中、薄暗い・・・。
本を読もうにも座ることが出来ない状態のため、寝ながら読むことになる。

「薄暗い」「寝ながら」「難しい内容の本」

こんな3連コンボに耐えられるハズもなく、「退院までに読了してレポートを出すこと」と隊長に厳命されている



この本は、遅々として進まない・・・(~_~;)
いや、これはあくまでも「やる気」の問題ではなく、「環境」の問題ってことで・・・ひとつ・・・ご勘弁いただけたらと・・・(^_^;)

そんな「環境」を少しでも改善すべく、看護師さんに申し入れをしました!

「あのね。今、僕のベッドからは



白い壁しか見えないのね。
で、ベッドが空いているようであれば、美しい淀川の景色が見える窓際に移してはもらまいか?」

長期入院患者にとって、「外の景色が見える」というのは何よりの気分転換であり、「退院したい」という気持ちの原動力でもある。
もしまだ何週間も入院生活が続くのであれば、なんとか景色だけでも・・・

しかし残念ながら、お願いした看護師さんは新卒の若いお姉さん。
「はぁ、そうですか」と頼りない返事をしたっきり、かれこれ3日間音沙汰なし。その間、窓際のベッドは空いたまま・・・


もう、忘れられた頃かなぁ・・・







そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ





スポンサーサイト
 

コメント

やっぱ見晴らしの良い場所のが良いですよね~。
いっそ、スパルタン先生に頼んでみては?
「それじゃぁ一番の見晴らしの良い屋上に移動しましょ~」なんて事になるかも?^^;
2014/ 09/ 22( 月) 07: 35: 37| URL| 蒼海# -[ 編集 ]
 
蒼海さ〜ん!

私の病室は8階なので、とにかく景色がいいんですよ〜o(^▽^)o
窓が開かないので、外の空気を吸うことはできませんが、とにかく明るくて気分がいいです。
何よりの薬ですね〜!





> やっぱ見晴らしの良い場所のが良いですよね~。
> いっそ、スパルタン先生に頼んでみては?
> 「それじゃぁ一番の見晴らしの良い屋上に移動しましょ~」なんて事になるかも?^^;
2014/ 09/ 22( 月) 17: 53: 17| URL| shumidder# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する