スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

エアコン問題 再び

夏がやってくる前。
借家の冷房をどうするかという、いわゆる「エアコン問題」で悩んでいた。

新居に取り付ける予定の新品を半年早く買って借家に取り付け、新居が完成したらそれをまた付け替えるという案は、取り付け&取り外しの工賃だけで何十万という高額になるため却下。
結局、自分で取り付けできる



窓用エアコンを4台購入。
息子と2人で汗だくになって取り付けたのが今年6月の事。

あれからあっという間に夏が過ぎ、もう使うことのなくなった窓用エアコンを処分する必要が出てきた。
処分といっても当然、捨てたりするんじゃなくてオークションとかで売ってしまおうという作戦。

マイナスイオンや換気扇機能が付いた日本製窓用エアコン。
使用期間実質4ヶ月で新品同様。
初めから売りに出すつもりだったので、箱や説明書なんかはもちろんフル装備。



さぁて、ハウマッチ?!


で。
借家のエアコンではなく、新居のエアコンも購入する必要がある。
ハウスメーカーの設計担当者からは、今月末までに用意するようにとの連絡があった。
以前の自宅に付いていたエアコンの内、2台は買ってから1年ほどだったので新居に移設。それ以外に必要なのは計4台。

メーカーは諸般の事情によりパナソニックの一択。
機種は最新の「X」シリーズというもの。

ここまで決まっていれば話は早い。
まずは定番の価格.comで最安値を調べる。すると、本体4台にハウスメーカーの取り付け費用を足して67万円ちょっと。
う~ん・・・結構かかるなぁ。(^_^;)

そして今日。
近所の◯マダ電機へ。
エアコン売り場の前に立っていたおじさん(50過ぎのベテラン)に声をかけると、ヤマ◯電機の店員さんではなく、まさかのパナソニック販売員(^_^;)
事情を話して「X」シリーズの購入を考えていると説明すると、何を思ったか私以上にやる気マンマン(^_^;)
私に代わってヤ◯ダ電機の店員さんを相手に値切り交渉(笑)
いや、交渉というよりも「値切り命令」(笑)

結局、エアコン4台、取り付け費用込みでまさかの54万円。しかも、今日は内金だけ入れておいて実際に取り付ける12月中旬までにさらに価格が下がりそうなら伝票を切り直してくれる「最低価格保証」。
びっくりしながら「じ、じゃあ、それでいただきます」と言うと、エアコン用コンセントの電圧変換工事無料と10年間の長期保証まで付けてくれた。

話がまとまると同時に「ほな、後は頼むで?」と店員さんに告げ颯爽と去って行くパナソニック販売員さん。

カッコ良過ぎるぜ! おっさん!

購入手続きを済ませたらもう一度エアコン売り場に行って丁寧にお礼を言ってから帰って来ました(^_^;)





思わぬ助っ人の登場で、予算よりかなり安くエアコンを買うことができた(≧∇≦)

決裁権は電機屋の店員さんしか持ってないけど、メーカーの販売員さんを味方に付ければこんなに強力な援護射撃をしてくれるとは予想外だったよ(^_^;)

まだ、冷蔵庫や洗濯機などいろいろと必要な物があるんだけど、今後もこの作戦が使えるかどうかは・・・

わかんないけどね(^_^;)





そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ



スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。