産業医面談

今日は午後から久々の出社。
仕事に戻るのではなく、会社の「産業医」さんとの面談のため。

初めて知ったんだけど、我が社の産業医さんは女性だった。たぶん私より年下。
不慮の病気により、まるまる2ヶ月間のお休みを余儀無くされた私。
そんな私が本当に来月から職場復帰できるのか。会社側の都合で無理やり出社させられるのではないのか。本当はまだまだ自宅療養が必要なのではないか。
そんな視点で次々と質問を浴びた。

「私は従業員の味方よ」「会社側の横暴は許さないわ」「あなたがいいと思うまで休んでもいいのよ」というオーラ全開の先生。でも、残念ながら患者(私)の方は働きたくてしかたがない(^_^;)

立て続けの質問に即答した後、なぜかちょっと残念そうな感じで「わかりました。それでは来週からの復職を認めましょう」とのこと。

「認めましょう」ってことは、もし認められない場合は仕事に戻れない可能性があったってことか?!
正直、そんなたいそうなものとは思ってなかったよ(^_^;)
まぁ、とりあえず無事に認められたようで良かった・・・ε-(´∀`; )



明日はスパルタン先生の診察。
これで太鼓判をもらえば、胸を張って社会復帰だ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆






そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ


スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する