さよなら、あどべんちゃん

今を去ること7年前。
   

   
2007年式のBMW R1200GS Adventure (通称 初代あどべんちゃん)が我が家にやってきました。
   
不慮の事故で短い生涯を閉じた初代・・・
   
たった45000kmという短い一生・・・
その内、私と走ったのはわずか1万kmほど。
   
   
その後を継いで登場したのが
   

   
二代目あどべんちゃん。
今度はピカピカの新車。エンジンもそれまでのSOHCからDOHCに進化しました。
   
この二代目あどべんちゃんとスタートした「あどべんちゃんわ~るど ~セカンドシーズン~」もはや5年。
   
二代目も2回目の車検の時期となり・・・
   
   
    
    
    

   
現代っ子らしい端正な顔つきに。
   

   
大きさ的には一回り小さくなったけど、足付きはあんまり変わらないこの子。
   

  
排気量650ccなので、立派な大型バイクです。
   

   
カスタムの余地のあまりない、スッキリとしたインパネ。
   

   
スピードメーターがアナログ式なのがいいですね。
   

   
電動フロントスクリーンのスイッチはともかく、ウインカーがあどべんちゃんのセパレート式ではなく、日本車と同じワンボタン型になったのが残念(^_^;)
   

   
右側にはグリップヒーターの他にシートヒーターのスイッチが・・・
   
   

   
ちなみにシートヒーターはお尻の下のスイッチで温度の切り替えができるみたいです。
   
や、試してはないですが(^_^;)
    

   
フロントのダブルディスクブレーキは安心ですね。
   

   
イグニッションキーを押しながら右に回すとシートボックスが開き、押しながら左に回すと給油口のフタがパカンと開きます。
    
   
乗ってみた感想は、いわゆる「ビッグスクーター」
そのもの。
   
軽い車体をアクセルをひねるだけでグイっと押し出すエンジンは必要充分。
ニーグリップができないのが若干不安ですが、その内なれるでしょう(^_^;)
   
ネガな部分は、エンジン音の安っぽさと振動の大きさ。これまたいわゆるビッグスクーターそのものなんですが、どうしても慣れることができません・・・
   
   
   
   
そんなわけで我が家に新しくやってきた「三代目」は、アドベンチャーとは程遠いスクーターとなりました(^_^;)
   
   
   
「二代目」の点検整備と車検が終わるまでの二週間、こいつでツーリングに行くことができるかな?
   
    
・・・ 
   
   
梅雨だしねぇ(^_^;)
    
    
    
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ
































スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する