FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

北の国から 2017 夏  ~そして故郷へ~

富良野の「星人の宿」で満天の星空を堪能し、ゆっくりと眠った翌日。
   

   
地元・富良野で採れた新鮮な野菜たっぷりの朝食から1日は始まります。
   

      
「今日も暑くなりそうだなぁ」なんて思いながら
      

   
あま~いスイカまでいただいて、お腹いっぱい(^ ^)
この日は星人の宿に連泊するので、身軽な状態でバイクにまたがり出発!
      
今回の北海道ツーリングの「裏テーマ」は「ダート走行」(笑)
面白そうな道を見つけたら、勇気を出して突っ込んでみよう!!
  
そんな勢いで突っ込んで、開陽台ではヒドイ目に会ったんだけどね(^_^;)
   
しかし。
   
この日のアドベンチャーは空荷!
パニアケースにもリアシートにも、何にも載ってない!
   
・・・
   
まぁ、一番の重量物は運転してるんだけどね(^_^;)
   
なので、少々のケモノ道ならいつもより勇気を出して突っ込もう! 
   
てなわけで
   
   

   
こんな道にも、果敢に突っ込んで行きました!
   
・・・
   
約300m進んだところで畑にぶち当たり行き止まり。Uターンできるスペースもなく・・・空荷とは言え乾燥重量270kgのアドベンチャーを汗だくになって押しながら戻りましたよ・・・orz
   
写真??
  
あるか~い!!( *`ω´)
   
   
気を取り直して。
この日はのんびりと富良野の街を散策しましょう♫
   

   
富良野と言えば「北の国から」。
学生の頃、倉本聰原作のこのドラマに感動して、卒論のテーマも「倉本聰論」にした私。
富良野に来たからには、ドラマゆかりの場所を巡りましょう♫
   

   
「石の家」。
確かドラマでは、丸太でできたログハウスが火事で全焼しちゃって、二度と燃えないように畑から出る石を積み上げてコツコツと作ったとか・・・
   
実際に見てみるとかなり立派で、石造りのお風呂なんかもあっていい感じ(^ ^)
でも、真冬はキンキンに冷えるんじゃないかな(^_^;)
   

   
「麓郷の森」は鬱蒼としたブナ(?)に囲まれた静かな森。ここで
   

   
ちょっと休憩(^_^;)
   
この日の富良野も35度を超える異常な暑さ・・・
水分をこまめに補給しながら行かないとね(^_^;)
   
そんなこんなで時刻はお昼に近づいてきました。
富良野でランチと言えば
   

   
唯我独尊の
   

   
カレー!  暑い日に汗をかきながら食べるカレーはまた格別。
ふと、壁を見ると4年前にはなかった
   

   
こんな貼り紙が。
英語のみならず、「北の国から」にも精通している私は、厨房の奥にいた店員さんを呼び寄せる時に言うもんだと勘違いして、お店の奥に向かって「ル~ルルル、ル~ルルル・・・」と言ってたら、店員さんに爆笑されました・・・
  
他の人をみると、カレールーの追加をお願いした時に「合言葉は?」って聞かれてから答えてました・・・
   
   
気を取り直して。 
   
お腹がふくれたら欲しくなるのが食後のコーヒー。
富良野でコーヒーと言えば・・・
   

   
ここ。
富良野プリンスホテルの前にあるこの森の中。
   

   
ウッドチップが敷き詰められた森の中の小径を歩いて行くと
   

   
見えてきました。
   

   
倉本聰脚本のドラマ「優しい時間」で、嵐の二宮和也の父親役であった寺尾聰がマスターをつとめていた「森の時計」。
   

   
カウンターに座って
   

   
自分で豆を挽いてコーヒーを飲むのがここのやり方。
   

   
美味しいロールケーキと一緒にいただきました(^ ^)
   
   
この辺りで時刻は午後3時を回った頃。
夕食にはまだ時間があるので、麓郷の町をあてもなくフラフラ。
   

   
こんなお店を見つけて自宅にメロンを送り
   

   
富良野で有名な「星に手の届く丘キャンプ場」を視察(笑)
   
そんな感じでのんびりと散策を楽しんで、星人の宿に帰ってくると彼がお迎えに来てくれました(^ ^)
   
4年前に星人の宿にお世話になった時にいたヤギはその後亡くなったらしく、こいつは二代目。
名前は聞かなかったので、勝手に「ジンギスカン 二世」と名付けました(笑)
   
この日はなんだか疲れてたのか、ご飯の後は星も見ずに寝てしまいました(^_^;)
      
明けて翌朝。
   

   
美味しい朝ごはんをいただいたら、お世話になったみなさんにお礼を言って出発!
   
この日は北海道ツーリング最終日。
富良野を出発して向かったのは
   

   
山田洋次監督の名作「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地。
   

   
映画の世界観そのままの街並み。
   

   
高倉健、武田鉄矢、桃井かおりが旅をしたマツダ ファミリア。懐かしい~!
   

   
黄色い付箋がたくさん貼られた屋内。
   

   
1枚1枚に願い事が書かれています。
そんな願いが書かれた黄色い付箋に埋もれるように
   

   
亡くなった健さんの写真が・・・
   
僕ら50代(よりも少し上かな?)には、「憧れの男」と言えば高倉健さんでした。
一番印象に残っているのはこの「幸せの黄色いハンカチ」と「鉄道員」。どちらも無骨で不器用でカッコいい男のお手本を見せてくれました。 
   

  
この手紙を受け取った奥さんは、いつ戻るともわからない夫(高倉健)のために
   

   
たくさんの黄色いハンカチを軒先に・・・
   
これを見ただけで泣けてくる・・・(笑)
   
   
  
そんな名作映画の世界に浸ったらそろそろ出発しましょう。
  
次に向かったのは
   

   
ここ。
    
言わずと知れた
   

   
「水曜どうでしょう」の聖地。
もちろん
   

   
あの公園で記念撮影(笑)
   
   
さてと。
北海道最終日のランチはどうしよう??
ここはひとつ、奮発して
   

   
回転寿司(笑)
いや、ほんと。ハズレがない美味さだね。
   
その後、札幌から1時間ほど走って
     

  
小樽へ。
   
ここらでお約束の
   

    
食後のデザートの時間♫
いただいたのは
   

   
なんだっけ? これ?  イチゴパフェ??
   
夕方まで小樽の街をブラブラしたら
   

   
フェリー乗り場の近くの温泉施設へ。
ここで出航までの間、時間を潰しましょう。
   
ふと気づけば
   

   
ずいぶん焼けたなぁ(^_^;)
   
グローブの跡だけが真っ白・・・
   
   
私のヘルメットはジェット型。
両方のほっぺた部分には「チークパッド」というガードが付いてます。
その結果・・・
   

   
変な日焼けに・・・
   
どこかで見たと思ったら
   

   
ワンピースに出てくるキャラクターでした(^_^;)
   
  
ゆっくりとお風呂に入って、湯上がり処でしばらくゴロゴロしたら
   

   
フェリー乗り場で乗船待ち。
   
帰りの寝床は
   

   
個室でのんびり♫
   
そして北海道ツーリング2017 最終日のディナーは
   

   
コンビニスペシャル(笑)
  
唯一の心残りは、大好きな「すじこ」のおにぎりが無かったこと・・・
   
大きな船に一晩揺られ、自宅に帰ったのは翌日の夜中。
   
   
4年前とは違って、とにかくお天気に恵まれた今回のツーリング。
カヌーや星空など、楽しい思い出いっぱいの、充実した旅になりました(^ ^)
   
   
さて。 
   
今年は北海道に行けるかな?
行くなら秋がいいな(^_^;)
   
   
   
   
   
   
そんなこんなで本日もよろしければ「ポチッと」一発お願いします! にほんブログ村 バイクブログへ






スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。