スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

バイク選び

今日はこれといってブログのネタがないので、あどべんちゃんとの出会いについて・・・。

私が初めてバイクに乗ったのは今から20年以上も前。当時、高校生だった私はたまたま家にあった原付「スズキ ランディ」に乗るために原付免許を親に黙って取得。その数ヵ月後に中型免許(今の普通自動二輪免許)を取得し、アルバイトで貯めたお金で買ったのが「カワサキ GPX250」。その後、四輪を乗り始めたために10年近くブランクがあり、その間にGPXは手放してしまった。

結婚後、子供も大きくなったのでそろそろバイクでも乗るべぇなぁってな感じで次に買ったのは「ヤマハ ドラッグスタークラシック400」

ここまできて、バイク好きな方はピンとくるかもしれないが、私のバイク選びの最大のポイントは、とにかく「でかい」こと。GPXは当時の250ccの中ではかなり大きかった。ドラッグスタークラシックは、400ccのバイクの中では最大級の大きさというフレコミについふらふらと買ってしまった(笑)

その後、でかくて場所をとるアメリカンから、実用性重視のスクーター「ホンダ フォルツァ」に乗り換えた。それが今から5年ほど前の話。その当時、出回り始めたのがETC。愛車「フォルツァ」にもETCを搭載して、いざスイスイと名神高速に乗ったのだが、時速80km/hも出すと怖くて怖くて。結局、フォルツァではその1回しかETCは使わなかった(笑)

そして昨年。厄年が明けて、何か新しいことにチャレンジするべぇってことで、大型自動二輪の教習所に通い無事に免許取得となった。

教習所に通っている最中から、次に乗るバイクを探してフォルツァで走り回っていた私。
第1候補は「ヤマハ V-MAX」。思えば発売当初から憧れていたバイクで、「V-MAXに乗るために大型免許をとった!」と言っても過言ではないほど惚れ込んでいた。ちょうど我が家の近所にできたばかりのレッドバロンで、3年落ちのカナダ仕様が80万円弱で売っていたのも何かの縁。初めての大型バイクはこのV-MAXに決定! ・・・の、ハズだったのだが・・・。
いざ購入するとなると、いろいろとネガティブな面が気になってきた。最大の懸念点はタンク容量。あの大きさで15ℓしか入らない。おまけに燃費もイマイチ・・・。ツーリング主体の使い方になるであろう私には、このウィークポイントがどうしても看過できなかった・・・。しかもスグにフルモデルチャンジしちゃうし・・・。

第2候補はハーレーのV-ROD! 別にV-MAXに名前が似てるからってワケではなく、ハーレーらしからぬスタイリングに一目惚れしただけ。ただ、価格面でV-MAXの3倍という時点で候補からは消えてしまった・・・。

「さて・・・どうすんべぇ・・。やっぱV-MAXかなぁ・・・」と悩んでいたときにたまたま通りがかったのが西宮にあるモトラッド阪神。BMWといえば以前、528iという四輪には乗っていたが、バイクという選択肢は思っても見なかった。たまたま西宮のハーレーダビッドソンの隣にモトラッド阪神があったのでフラリと立ち寄っただけ。店に入ると”いかにも”という感じの営業さんが声をかけてきてくれた。「何かお探しのモノでも?」というお決まりのセリフに「いや、BMWにどんな車種があるのかまったく知らないんですが、とにかくでっかいバイクが欲しいんですが・・・」と答えると、待ってましたとばかりに案内されたのがR1200GS(ノーマル)の前。デュアルパーパスで航続距離も長く、積載性も申し分なし。なによりでっかい!一目惚れというか、運命の出会いを感じた瞬間だった(笑)
その時点で私の目はすでにハート型をしていたのだが、営業さんからそんな私に追い討ちをかけるような驚きの一言が!「これのさらに一回り大きい、アドベンチャーっていうのもあるんですけどね?」
「んなにぃぃぃぃぃ!! ちょ、ちょっとそりゃあ、ホンマでっか?! ど、どこにおますねん?」と尋ねると「中古はなかなか入荷しないんですよ。新車も今は置いていません」とのツレナイ返事・・・。

その場は肩を落として帰ったのだが、その日の夜は本当に一睡もせずに徹夜でアドベンチャーについて調べていた。メーカーHPやウィキペディアはもちろん、「R1200GS アドベンチャー」で検索をかけてひっかかってきたいろんなユーザーのインプレ等々、体力の続く限り読み倒したった(笑)
もう心は決まった。あとは良い中古の出物をネットで探すのみ。やっぱ250万円もする新車はムリ・・・(泣)
そうこうしていると、数日後、モトラッド阪神の営業さんから電話がかかってきた。「実は乗り換えをされるユーザーさんの下取り車がアドベンチャーなんですが・・・」とのお話。でも、何か歯切れが悪い。「shumidderさんのご予算は伺っているんですが、下取り価格とほぼ同じなんですよ・・・」つまり、ショップの利益や整備費用を上乗せすると、私の提示していた予算を超えてしまうという話。「とにかく、一度ご覧になってください」という営業さんの声に「じゃぁスグにでも行きます」と答えてその日の夕方、モトラッド阪神へ。

そこで初めて、あどべんちゃんとご対面。想像以上の大きさ。想像以上にカッコいいスタイリング。もうダメ。ノックダウン(笑)
そこから価格交渉に入るつもりだったのだが、こちらが口を開く前に「今、ココで決めていただけるんなら、ご希望通りの値段にさせていただきます」との驚きの提案が! なんでも、下取り車を店頭で再販する場合にはいろいろな規定があって価格を融通することはできないのだが、今スグであれば、形の上では全ユーザーからの個人売買という扱いにしてショップのマージン等を削ることができるらしい。オマケにBMW認定中古車としての検査や保証もつけてくれるとのこと。
何をためらうことがあろうか? いやない。(反語)
「いただきます」と即答した後、すぐに契約手続きへ。(営業さんの気が変わる前にハンコを押そうとあせっていた)

そんなこんなで我が愛車となったあどべんちゃん。かれこれ半年以上になるが、いまだに乗るたびに新たな楽しみや発見がある。本当に良い買い物をしたもんだ。うんうん。
唯一の悩みは・・・
他のどんなバイクにまたがっても「うわっ! ちっちぇえ!」と感じてしまうこと。


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村に参加させていただいたのを忘れてました(笑)。よろしければポチッとお願いします!

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://shumidder.blog119.fc2.com/tb.php/24-9239ef0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。